2012-03-30

日本は福島避難ゾーンを緩和?本当に大丈夫?

BBC Newsは、日本は、昨年の福島核災害に続いて移動することを強いられた80,000人のうちの数人を再びそれらの家を訪れるために許可していると報告した。

約16,000人が排除ゾーンで生活ができるようになり、排除ゾーンの内部エリアに再度はいることができると言っている。

どんな基準なのだろう。
放射能は、1年や2年で緩和できる物ではない。
それは数10年単位でも、完全ではないと言われてる。
許可した地域から、癌患者が急増する可能性もあることから、許可した人の責任を明確にしていくべきである。

その結果も数10年単位でないと明らかにならないだろう。

[AD] You can advertise on this site.

以前の基準問い今回の基準の違いを明確化しないで、ムードに流されるべきではない。

田村、南相馬、川内で、放射能レベルが高い場所は、立ち入り禁止のママ残される。

しかし、それはほとんどの居住者は、町の条件が改善されるのを待つと言っている。

気がはやるのも理解できるが、放射能はそれほど安易な物ではないはずであり、要望に押されて出せる許可ではない。

プラントのまわりのインフラストラクチャーの県による汚染除去仕事および再建は、まだ起こなわれている。

放射能レベル居住者への依存はその日にそれらの家を訪れることができ一旦汚染除去が完全ならば永久に返ることができるだろう、とロイター通信社が言った。

たった1年で、汚染状況が改善できるはずがない。

来月、制限が緩和され、帰れると予想される人々はほとんどいないことだろう。

大部分は、より多くの汚染除去仕事および再度構築される、より多くのインフラストラクチャーのためにが行われるのを待つことになると言っている。

どこか代替地を準備すべきだろう。
ほとんどの土地は、数10年間使用禁止というのが常識と言える。

何を考えているのだろう?????

今回の発表は政府の災害特別対策本部の会に続いて行なわれたと伝えている。
今回の民主党による対応を見て、さらに信用できなくなっている。

さらに、こんな機会はもうないからと言って、被災者を見学に行く人の気持ちもわからない。
何という政府と国民なのか?
とんでもない国になってきている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.