gaYa広告

2012年03月30日

日本は福島避難ゾーンを緩和?本当に大丈夫?

BBC Newsは、日本は、昨年の福島核災害に続いて移動することを強いられた80,000人のうちの数人を再びそれらの家を訪れるために許可していると報告した。

約16,000人が排除ゾーンで生活ができるようになり、排除ゾーンの内部エリアに再度はいることができると言っている。

どんな基準なのだろう。
放射能は、1年や2年で緩和できる物ではない。
それは数10年単位でも、完全ではないと言われてる。
許可した地域から、癌患者が急増する可能性もあることから、許可した人の責任を明確にしていくべきである。

その結果も数10年単位でないと明らかにならないだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

以前の基準問い今回の基準の違いを明確化しないで、ムードに流されるべきではない。

田村、南相馬、川内で、放射能レベルが高い場所は、立ち入り禁止のママ残される。

しかし、それはほとんどの居住者は、町の条件が改善されるのを待つと言っている。

気がはやるのも理解できるが、放射能はそれほど安易な物ではないはずであり、要望に押されて出せる許可ではない。

プラントのまわりのインフラストラクチャーの県による汚染除去仕事および再建は、まだ起こなわれている。

放射能レベル居住者への依存はその日にそれらの家を訪れることができ一旦汚染除去が完全ならば永久に返ることができるだろう、とロイター通信社が言った。

たった1年で、汚染状況が改善できるはずがない。

来月、制限が緩和され、帰れると予想される人々はほとんどいないことだろう。

大部分は、より多くの汚染除去仕事および再度構築される、より多くのインフラストラクチャーのためにが行われるのを待つことになると言っている。

どこか代替地を準備すべきだろう。
ほとんどの土地は、数10年間使用禁止というのが常識と言える。

何を考えているのだろう?????

今回の発表は政府の災害特別対策本部の会に続いて行なわれたと伝えている。
今回の民主党による対応を見て、さらに信用できなくなっている。

さらに、こんな機会はもうないからと言って、被災者を見学に行く人の気持ちもわからない。
何という政府と国民なのか?
とんでもない国になってきている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。