2012-03-15

あなたは、携帯電話のために、背中の唐獅子牡丹を振動させる?!

Cellular-Newsは2012年03月21日に、フィンランドのノキア(Nokia)が皮膚に彫り込まれた磁気入れ墨の微細振動で通話呼び出しできる特許(United States Patent Application 20120066748)を2012年03月15日に取得したと報告した。

「てっめーら、背中の唐獅子牡丹の振動が目にはいらね〜か!今呼び出し中だ!」

[AD] You can advertise on this site.

ノキアは、恐らくブルートゥース上で、皮膚上にパターンを強磁性体でスプレーし、モバイル・デバイスでそれをペアにする方法について記述した特許をファイルした。

マテリアルが小さな電荷に応答するとともに、それはオンデマンドで振動させるために作ることができる。
また、ノキアの特許は、振動の異なる形式が異なるメッセージを示すかもしれないことを示唆した。

特許のファイリングで、「例として、呼び出しは低いバッテリー表示かもしれない、受信メッセージ、受信呼び出し、カレンダー警戒、プロフィールの変更、その他のタイミングに基づいた、時間帯の変更、あるいは任意の他のもの。」を掲載している。

代替使用は、ユーザーがデバイスに接近している時、単にロックを解除するラップトップ・パスワードのようなアクセス・サービスへのパスワード形式として入れ墨を使用することもできる。

入れ墨の一時的バージョンは、ナイトクラブでしばしば適用されるインク・スタンプ、あるいは投票登録に置換で着るといっている。

間違えて、変なところを振動させると、単なるバイブレーターとして性犯罪になる。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.