on-the-time.jp

2012年03月21日

カッシーニ活動が、スミソニアン国立航空宇宙博物館から、最高位名誉!

NASAは2012年03月22日に、スミソニアンの国立航空宇宙博物館(Smithsonian's National Air and Space Museum)がNASAの土星(Saturn/サターン)へのカッシーニ・ミッションに、その最も高いグループ名誉として達成のトロフィー(highest group honor, the Trophy for Current Achievement)を与えた。

毎年賞は、航空宇宙科学と技術の分野の顕著な業績を証明する。

トロフィーは2012年03月21日水曜日にワシントンの博物館夜式で示された。

賞は1985年に確立されて、7つのNASAの惑星のミッション・チームに授与された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

カッシーニの宇宙船は、1997年に打ち上げられて、ESA(European Space Agency/欧州宇宙機関)のホイヘンス突入機で2004年6月に土星の軌道に入った。

2004年12月に、宇宙船は成功裡にホイヘンスを解放し、土星最大の月タイタン(Titan)の大気に入った。

カッシーニは2008年にその第1のミッションを終えて、2度拡張された。

現在は、いわゆる至ミッションにで、科学者は、惑星の北の夏至中に土星とその月の季節的変化を観察することができる。

このミッションは2017年9月まで続く。

カッシーニ宇宙船はホイヘンスに乗った、12の科学計器および追加の6と調査共に運んでいる。

カッシーニ・ミッション・ハイライトは、現在まで土星のまわりの4つの新月と2つの新しい輪の発見を含んでいる。

カッシーニは、月エンケラドスからのスプレーする水蒸気および氷の粒子ジェットを観察した。

土星の北半球で宇宙船は、怪物嵐(北部の春への北の冬からの季節的変動の表れ)の発展を見た。

カッシーニとホイヘンスは、さらにタイタンの表面上の安定した液体を備えた地球以外の太陽系中のただ一つのボディに関する新しい特性を明らかにした。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。