on-the-time.jp

2012-03-15

スマートフォンは、精神分裂病患者を援助支援!

美容と医学の科学

Cellular-Newsは、精神医学(Psychiatry)は、統合失調症(schizophrenia)および他の重い精神病(other serious mental illness)の評価および処理中の革新的手段としてスマートフォン技術を使用していると報告した。

シカゴのダートマス研究センターのダートマス・メディカルスクールの管理者で、精神医学の助教授ドロール・ベン=ジーブ(Dror Ben-Zeev, Ph.D., an assistant professor of psychiatry at Dartmouth Medical School and director of the Thresholds-Dartmouth Research Center in Chicago)は、この努力において卓越している。

[AD] You can advertise on this site.

ドロール・ベン=ジーブと彼の同僚は、患者の症状、ムードおよび投薬使用に関する情報を集めるために携帯電話の使用を含む一連のアプローチを評価した。

その後、薬物治療を受けるかあるいは食事、運動とストレスを縮小する活動のような健全な行動に従事するプロンプトのようなリアルタイムの現実世界の介在を伝えるために、電話を使用することができるかもしれないと言っている。

ドロール・ベン=ジーブは、
「私たちは、精神治療学の介在用として、完全に新しい媒体を作成するために既にあなたのポケットにある技術を使用しています。」
「治療を持ち合わせることができます、そしてあなたにアクセス可能。」

統合失調症公報(Schizophrenia Bulletin)の特集号のための客員編集者として、ドロール・ベン=ジーブは、一連の国際的な同僚によって共同執筆された1セットの4つの論文を発表した。

Schizophr Bull (2012) doi: 10.1093/schbul/sbr179 First published online: January 10, 2012

Mobile Technologies in the Study, Assessment, and Treatment of Schizophrenia
1. Dror Ben-Zeev1,2,*

1.Dartmouth Psychiatric Research Center, Department of Psychiatry, Dartmouth Medical School, Hanover, NH
2.Thresholds-Dartmouth Research Center, 4101 North Ravenswood Avenue, Chicago, IL 60613

1. To whom correspondence should be addressed; tel: 773-572-5500, fax: 773-537-3535, e-mail: dror.ben-zeev@dartmouth.edu

その雑誌では、メンタル・ヘルス・サービスを提供するためにスマートフォンと携帯電話を使用している研究者のますます多くの方へ適応した。

この記事は今2012年春にセットされた印刷出版を備え、オンラインで利用可能になっている。

ドロール・ベン=ジーブは、この技術の生産用途を作るために、何人かのメンタル・ヘルス開業医が精神的な病人の能力を疑ってもよいと認めた。

この知覚で、ドロール・ベン=ジーブと彼の仲間は最近、統合失調症(schizophrenia)、分裂情動性障害(schizoaffective disorder)および双極性障害(bipolar disorder)のような重い精神病の治療法(serious mental illnesses)の下で、1,600人のシカゴの個人に関する調査を行なった。

ただし、Cellular-Newsは2012年03月15日に、エール校の医学研究者(Yale School of Medicine researchers)が、妊娠中に携帯電話からの放射線の被爆は、活動過多に潜在的に結びついて、結果の脳成長に影響すると言ったと報告した。
ハツカネズミ中の研究に基づいた結果は、ネイチャー(Nature)の3月15日発行のScientific Reportsで報告した。

この二つの記事を読むと、何となく矛盾を感じる。

[AD] You can advertise on this site.

Related Dates

[AD] You can advertise on this site.