2012年03月15日

ウガンダが、「KONY 2012」に怒った!

Mashableは、非営利組織インビジブル子ども(Invisible Children)と、過去2〜3週間で国際的に論争を起こしているビデオ「KONY 2012」で、批評家はインビジブル子どもおよびその方法論を囲む問題を提起しただけでなく、多数の報告は、ローカルのウガンダ人がキャンペーンに腹を立てた事実にまたあることを今確認したと報告した。

非営利的なAYINET(African Youth Initiative Network/)は、戦争犠牲者を修復することを支援するためにそれ自体を組織された。

火曜夜にウガンダ北部の町リラ(Lira)で公の検査を組織した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

ウガンダ北部は、ジョーゼフ・コニー反乱軍(Joseph Kony's rebel group)LRA(Lord's Resistance Army君主レジスタンス軍)によって最悪に影響を受けた地方のうちの1つであった。

Kony 2012フィルムは歴史で最もウイルスのビデオになっているが、これは、その大多数はインターネットにアクセスしないウガンダのほとんどのウガンダ人が、フィルムを直接に見た最初の時であった。

検査に関するこのビデオ報告書で注目の反応は、西洋諸国を通り抜けて打ちのめした支援の爆発と大違いであった。

これらの感傷は、ウガンダから浮上する、他の群衆に部分で外注された視界を反復した。

報告書によれば、リラの反応は石を投げることになった。

この騒動の結果、AYINETは、ウガンダでビデオのさらなる検査を無期限に延期した。

ウガンダ北部の町リラ(Lira)のGoogle Earthポインター情報
2°14'56.00"N,32°54'0.00"E
または、
2.248889, 32.900000

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。