2012-03-14

イギリス・アニメーション産業の「危機」

ドイツの「Deutsche Welle」は、イギリスのアニメーターのリードは、産業が免税を得ない場合に、アイルランドやフランスんど、他のヨーロッパ諸国のアニメーターによって起こったように、タレントの流出を警告していると報告した

イギリスには、「Postman Pat」「Bob the Builder」「Roary the Racing Car」のように、生き生きした子どものショーを生む豊富な伝統を持っている。

しかし、今、イギリスのアニメーターは、それらがもはやそのような高品質ショーを作る余裕がイギリスにないと言っている。

産業ロビー団体アニメーション・イギリス(Animation UK)からのオリ・ハイアット(Oli Hyatt)が、
「それらを得たすべての誘因を備えた世界の残りと、私たちが競争することは真に不可能です。」と言っている。

イギリスの映画産業は国の支援を享受しているが、アニメーションの連続テレビ番組の生産者に利用可能なそのような金銭はない。

他の多くのヨーロッパ諸国は、生産費の少なくとも20%を提供して、アニメーション産業を支援している。

オリ・ハイアットは、それがイギリスのアニメーターがそれらの出力と一致することを不可能にすると言った。

イギリスのアニメーション生産はアニメーション・イギリスによって過去7年に50%以上下がった。
また、新しいアニメーターが仕事を見つけることは既により困難になっている。

イギリス政府は3月21日にその予算を示す予定になっている。

イギリスのアニメーターは、彼らが望んでいる免税が実現するかどうか確かめるために見ている。

しかし、記録的な公共財政赤字に直面して、財務相は2015年までにEUR 950億を保存するつもりである。