gaYa広告

2012年03月14日

テキスト・メッセージと、HIV患者の抗レトロウイルス薬治療。

美容と医学の科学

Cellular-Newsは、new Cochrane Systematic Reviewの調査によれば、携帯電話がHIV患者に毎日薬物治療を受けるのを助ける際に価値のある役割を果たすことができたと報告した。

研究者は、毎週携帯電話によるテキスト・メッセージで注意を送られた場合に、服用量を逃しす患者が少ないことを知ったと報告した。

テキスト・メッセージは、クリニックと病院への通院を促進するのを支援し、かつ患者と介護福祉士の間の接触を増加させることを含む、ヘルスケアの中で支援の手段としてますます使用されるようになっている。

テキストにメッセージを送ることで、肺結核患者が毎日の薬物治療を受けるのを助けるというある証拠もある。

今、研究者は、これらの摂生法にART(antiretroviral therapy/抗レトロウイルス療法)で何百万ものHIV患者を支援するツールとして、テキスト・メッセージを使用することができるかもしれないと言った。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

ARTは、これらの患者が気分がよくなり、かつより長く生きるのを助けることができが、毎日薬物治療を受けるために、それを何人かの患者にとって難しくする副作用にしばしば付属している。

患者が1日量を逃す場合、それはもはや有効でない薬に帰着する場合がある。
また、患者は死ぬかもしれない。

レポートの著者は、HIVで合計966人の成人患者に関する、2つのケニアの試みからのデータを調査した。

第1の試みで患者は、「ごきげんいかがですか」を意味する「マンボ(Mambo?)」と尋ねる短い毎週のテキスト・メッセージを送られ、2日以内に答えるように依頼された。

この試みでの対照群は標準注意を受け取った。

第2の試みでは、患者は一日か毎週の単位でテキスト・メッセージを受け取った。
また、メッセージは長かったり、短かったりした。

長いメッセージは、「これはあなたの注意です。強くして勇敢にしてください。私たちはあなたを心配します。」「単に読まれた簡易メッセージ「これはあなたの注意です。」

この試みの対照群中の患者は携帯電話を与えられたが、研究関連の知らせを受けなかった。

毎週のテキスト・メッセージを受け取った患者は対照群中のものより、薬物治療に付着することで調子がよかった。

第1の試みを始めた1年後に、それらの処方された服用量の少なくとも対照群の中で、その数は95%より高かった。
さらに、テキスト・メッセージを受け取った多くの患者が、血液中のHIVのレベルを下げた。

第2の試みが始まったほぼ1年後に、それらの処方された服用量の少なくとも90%をとったが、毎週長いテキスト・メッセージを受け入れる患者の数は対照群の中でよりも高かった。

しかし、任意の長さの毎日のテキスト・メッセージは、執着を改善するのを支援しなかった。

この第2の試みの結果は統計的に有意ではなかった。

それでも、両方の試みからの結果が組み合わせられた時、任意の長さの毎週のテキスト・メッセージを受け取った患者が、それらの薬物治療に対照群中のものと比較して付着することで調子がよかったことが明らかであった。

アメリカのカリフォルニア大学サンフランシスコ校のグローバルな健康科学の第一著者タラ・ホルバート(lead author Tara Horvath of Global Health Sciences at the University of California, San Francisco in the United States)は、
「抗レトロウイルス療法に執着を促進するために毎週のテキスト・メッセージを送ることで、高品質の証拠があります。」

「クリニックと病院はHIV患者が、抗レトロウイルス療法摂生法に固執することを保証する方法として、毎週にテキスト・メッセージを送ることを使用することを考慮するべきです。」と言っている。

調査によれば、特にHIVが彼らの毎日の薬物治療を受けている患者の性のパートナーに送信される可能性が、非常にありそうではないので、テキスト・メッセージにはHIV流行病に重要な影響を与える可能性がある。

タラ・ホルバートは、「特にこれらの技術に不慣れな地方で、携帯電話ネットワークの拡張により、世界的に、HIVのためのテキスト・メッセージを送る介在は急速により実現可能になっています。」
「HIVを持ったほとんどの人々がサハラ以南のアフリカの低所得国に住んでいるので、これらの試みが低所得国で起こったことは重要です。」
「しかし、さらに、私たちは、結果がより高い収入国で模写されるかどうか調べる必要があります。」
「さらに、これらの試みが成人患者だけを含んだので、これらの摂生法上のより幼い子どもを世話する人々と同様にテキスト・メッセージがART上のティーンエイジャーを支援するかどうか知ることは重要です。」と言っている。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告