gaYa広告

2012年03月15日

オオイカの目は、マッコウクジラから自分を防御していた。

美容と医学の科学

BBC Newsは2012年03月15日に、世界で最も大きなヤリイカ類は、マッコウクジラに接近する早期警報を与えるために大きな目を開発したと報告した。

巨大なヤリイカ(giant squid)とオオイカ(Colossal)には両方とも長さ27cm以上の目が横にあり、どの魚よりはるかに大きい。

科学者は、マッコウクジラのような巨大な形を見つけることをより簡単にすること以外に、この大きな目には暗い大洋深度での長所がないことを知った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

生物学ジャーナル(Current Biology journal)で書かれた記事によれば、これが化石イクチオサウルス(ichthyosaurs)の等しく大きな目について説明できるかもしれないと言っている。

Copyright © 2012 Elsevier Ltd All rights reserved.
Current Biology, 15 March 2012
doi:10.1016/j.cub.2012.02.031

A Unique Advantage for Giant Eyes in Giant Squid

Dan-Eric Nilsson1, Go To Corresponding Author, , Eric J. Warrant1, Sönke Johnsen2, Roger Hanlon3 and Nadav Shashar4
1 Department of Biology, Lund University, 22362 Lund, Sweden
2 Biology Department, Duke University, Durham, NC 27708, USA
3 Marine Biological Laboratory, Woods Hole, MA 02543, USA
4 Department of Life Sciences, Eilat Campus, Ben Gurion University of the Negev, Eilat 88000, Israel

スウェーデンのルンド大学の先導科学者ダン・ニルソン(Lead scientist Dan Nilsson from Lund University in Sweden)は、4年前にニュージーランドで行なわれた巨大なヤリイカのユニークな解剖に出席していた。

そこで、彼は目を診察し、項目、レンズの困難な部分中で扱った。

これらは人間の目全体より単独で大きい。

教授ニルソンはBBCニュースに、
「同じ粒径範囲には他の目がなかったので、私たちは最初に当惑しました。」
「オレンジ・サイズまでのすべてを見つけることができます。それは大きなメカジキにあります。」
「あらゆる小さいサイズを見つけるように、それから、巨大な隙間があります。そして、 たとえイカが最大の動物でないとしても 、目が3倍大きいこれらの2つの種があります。」

一般に、他のヤリイカ類には、体サイズに比例してより小さい目である。

身体の先端からそれらの触手の終了へ測定されるように、合理化されたオオイカ(Architeuthisの様々な種)およびはるかにずんぐりした巨大なヤリイカ(Mesonychoteuthis hamiltoni)は両方とも、長さ10m以上に成長する場合がある。

巨大なヤリイカは、逆刺のついた回転するホックを含む武器として、ものすごい保有量を特に装備している。

生きているマッコウクジラの身体上の傷跡は、少なくとも南半球水域で、巨大なヤリイカと規則的に戦うことを示している。

そしてマッコウクジラの胃で見つかった巨大なヤリイカ口の数は、後者がしばしば、勝利したことを示している。

巨大ヤリイカは、めったに人々遭遇しないが、南極海では、マッコウクジラの食事の約四分の三が巨大ヤリイカと考えられている。

ソナーを使用して、クジラはヤリイカを見つけることができるが、ヤリイカは、視覚以外は何も展開させることができない。それが強力な進化の圧力で、有効な目の開発に向けてられただだろうということを示唆する。

教授ニルソンのチームは、目の異なるサイズが1kmまでの真中でどのように行なうかという数学モデルを使用した。
そこで、動いているオブジェクトは、水の中の無数の小さな創造物から、それらが刺激する生物発光によってとても検知できる。

モデルは、一般に、メカジキのより大きな目の開発から獲得される利益がないことを示した。

例外は実際に大規模な動いているオブジェクトであった。

ここで、大規模な目は、低い差異の状態で生物発光(微生物によって発せられた光)の点光源のパターンのよりよい検知を可能にした。

これは、約120m離れて接近するマッコウクジラをヤリイカに警告を与える。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告