2012年03月15日

中国車メーカーの先進国進出には、多くの高いハードル!

新華社は、中証網からの情報として、中国の自動車メーカーが先進国市場に参入する上での難しさが増していると報告した。

西欧、北米などの自動車市場では、排ガス基準や安全性、技術面でのハードルが高まった。参入する上での認証にかかる時間が長く、手続きは煩雑で、費用も高い。

これらの市場では飽和度が高く、ブランド構成がほぼ定着しており、中国企業による開拓には多くの困難がつきまとう。

現状では、中国自主ブランドの自動車が大規模参入するための条件はそろっていない。

これは韓国も苦労している。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

長城汽車の王鳳英(长城汽车总裁王凤英)総裁によると、関税や技術・貿易障壁、特許標準などにからむ貿易摩擦が多発している。
自動車部品だけでも中国を対象とするアンチダンピング調査は10件以上あり、製品はブレーキドラムやフロントガラスなどに及んでいる。
今後はこの動きが完成車にも及ぶとみられ、未然に防がなければ中国製自動車は海外市場から押しのけられてしまうことになる。

近年、自主ブランド車メーカーが海外での工場建設を加速している。
完成車輸出での高税率を回避するだけでなく、現地の開放政策と市場環境を活用しながら利幅を広げ、国際化水準を高めるという戦略に移っていると報告している。

中国の計画をどこまで世界が受け入れるか?

日本の真似は、それほど簡単ではない。
そう言えば、世界中の化粧筆は広島県熊野市のほぼ独占で、最近中国も真似をし始めたが、使ってみると雲泥の差で、ハリウッドでは熊野市の化粧筆しか売れていない。

狂い始めた中国の歯車・开始不正常的中国的齿轮では、

急激な経済発展は、国民の精神疾患が増加する現れ。
急剧的经济发展,是国民的精神疾病增加的表现。

狂い始めた中国の未来は崩壊スピードが早まるだろう。
开始不正常中国的未来会崩溃速度提早。

企業誘致への誘いには、高いリスクの覚悟が必須。
向(到)向招商的邀请,高(贵)的风险的精神准备必需。
と書いている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。