on-the-time.jp

2012年03月14日

ペンタゴンはオン・デマンドの使い捨ての衛星を考慮中!

BBC Newsは、「ボタンを押す」と兵士に偵察情報を提供できる使い捨てミニ・スパイ衛星「SeeMe program (Space Enabled Effects for Military Engagements)」が、米軍によって考えられていると報告した。

ペンタゴンのDARPA(Defense Advanced Research Projects Agency/国防総省国防高等研究事業局)は、既存の衛星が最適なスパイ情報を提供できなかった時、機械が時々戦術上の情報を提供するかもしれないと言った。

DARPAは、プロジェクトについて議論することをメーカーに依頼した。

それは、衛星が1基US$500,000くらいであるべきと言っている。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

DAPAは、「私たちは、小さな衛星の星座の構想を描く、空輸システムのコストの数分の1で、それは許可するだろう。展開中の戦闘員が既存の携帯型の装置上で、また90分未満で、使命立案をそれらに援助するの正確な位置の衛星からのイメージを受け取る。」と言っている。

それは、再突入で燃え尽きる前に60-90日間低軌道周回衛星通信としてとどまることができる約24の衛星で、それぞれで星座に成るべきであると付け加えている。

DAPAは、迅速な生産技術の使用に、その物価目標を満たすために恐らく契約者がより一般に、スマートフォン産業に関係しているようにさせなければならないだろうと言った。

それは、さらに、「サイズと重量を下げて、光学、力学、推進およびコミュニケーションのための先進技術を開発する必要があるだろう。」と付け加えた。

米陸軍は、空からの情報を提供するために無人偵察機が既にある。

昨年、それが1.8gigapixelのカメラを装備した新しいヘリコプター・スタイルのマシンがアフガニスタンで使われるようになる予定であると発表した。

しかし、DAPAは、頻繁にそのような無人飛行機が拡張領域をカバーすると、必ず、燃料を補給すると言っている。

プログラムのマネージャーのデイブ・バーンハート(Dave Barnhart, the programme's manager)は、
「SeeMe星座で、私たちは、直接戦闘員を支援することを望みます。その中で、複合、ロジスティクスあるいは戦闘員の携帯機器の維持費と同時に海外での位置を展開させなかった。」と言っている。

DARPAの研究員は、予算を湯水のように使ってマッドなアイディアを生み出している。
最終目的は、殺人!

良いアイディアが有れば、
Mr. David Barnhart

Program Manager
Tactical Technology Office
david.barnhart@darpa.mil

Darpa Director Regina Dugan
に連絡すると、面白い返事があるかもしれない!
凄ければ、もの凄い予算が付くことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

gaYa広告