2012-03-15

キューバの反体制派は、ローマ法王に直接話させろ!と教会を占領。

BBC Newsは、キューバの13人の反体制派が、ローマ法王ベネディクトXVI(Pope Benedict XVI)が今月の終わりにキューバを訪れるとき、直接話しができることを要求して、ハバナのカトリック教会(Catholic church in Havana)を占領したと報告した。

反体制派は、政治犯および抑制の終わりの釈放のような問題について、ローマ法王がキューバの共産党政府に圧力を加えることを望んでいる。

ローマ法王ベネディクトXVIに直接話させろ!と言う要求も凄い!

[AD] You can advertise on this site.

キューバのカトリック教会は、崇拝の場所が政治的なデモンストレーションに使用されるべきでないと言って、抗議を非難した。

ローマ法王は、3月26日にキューバが予定されている。

反体制のウィリアム・ケペラ(Dissident William Cepera)は、火曜の夜に8人の女性および5人の男性がハバナ中央にあるコブレのチャリティー教会(Church of Charity of Cobre in central Havana)に入ったと言った。

そのエリアは、崇拝者に立ち入り禁止に続けていた。

教会は、単にコブレのチャリティー教会にある聖処女のイメージを見るために来た巡礼者を中にはいることを許可して、部分的に閉まっている。

ウィリアム・ケペラは、グループがローマ法王ベネディクトXVIに会えるとわかったと言った。

「私たちはローマ法王に話しかけてフィデル(Fidel Castro)ラウル((Raul Castro))の政府が何人かの囚人だけを釈放したと彼に伝えたい。しかし、今も他の政治犯は残っています。」と彼が言った。

キューバのカトリック教会は、過去にわたって75人の政治犯の釈放を成功裡に協定して、反体制派と政府の間の仲裁人を務めた。

しかし、キューバのカトリック教会スポークスマンのオーランドー・マルケス(Cuban Catholic Church spokesman Orlando Marquez)はこの行動を非難し、直ちに出るようにグループに要求した。

彼は声明で「誰も、忠実なキューバ人、およびキューバに教皇聖下ベネディクトXVI(Holy Father, Benedict XVI)の訪問への歓呼および希望で目を向ける他の多くの市民の祝う精神を妨害する権利を持っていません」と言った。

警察は教会を保護しているが、介在していない。

ローマ法王ベネディクトは、彼の旅行中にキューバの反体制派に会う計画を発表していない。

彼は、東部都市に3月26日に着き、彼はサンティアゴ(Santiago)で、キューバのプレジデント・ラウル・カストロ(Cuban President Raul Castro)に会う

島の滞在時間の間に、彼ローマ法王ベネディクトは、さらにCaridad del Cobreの聖処女教会を訪れて、彼はハバナで、主なプラザのミサを行って旅をすると予測されている。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.