2012年03月14日

NASAが、WISEによる鮮明な全空赤外線カタログをリリース。

NASAは、10億の星、銀河、および広視野を赤外線によって捕らえられたWISE(Wide-field Infrared Survey Explorer)ミッションで調査した、空全体の赤外線で捕らえた新しい地図およびカタログを発表したと報告した。

UCLAのWISE主任調査官で、1998年に他のチーム・メンバーとミッションに最初に作用して始めたエドワード・ライト(Edward Wright)は、「今日、WISEは、天文学のコミュニティーに14年間の努力の成果を配信します。」と言った。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

WISEは2009年12月14日に打ち上げられ、その前任者より広大によい感度で2010年に全空を写像した。

それは、近くの小惑星から離れた銀河まですべてを捕らえて、光の4つの赤外線波長で得られた270万を超えるイメージを集めた。

その時以来、チームは15兆バイト以上の返されたデータを処理している。

調査された空の前半をカバーするWISEデータの予備リリースは先の4月なされた。

全空のWISEカタログは使命の基本の目的を満たした。

個々のWISE接触は、空をカバーする18,000を超える画像、および画像で見つかった5億6000万を超える個々オブジェクトの赤外特性をリストする1冊のカタログの地図へ組み合わせられた。

ほとんどのオブジェクトは荒く等しい数の各々と共に、星と銀河である。

それらのうちの多数は以前に見ることができなかった。

WISE観察は捉えがたいもの、最もクールなクラスの星を含む多数の発見に結びついた。

これらを見つけようと捜索された天文学者は、10年間以上、「Y小人」と呼ばれる星で失敗した。
構成以来冷えているので、それらは可視光線中で光らず、WISEがその赤外線ビジョンを備えた空を写像するまで見つけることができなかった。

WISEは、さらに以前に考えられたより著しく少数の中型の物体があると調べて、地球接近小惑星の捕らえた。

さらに、それは、NASAが最大の地球接近小惑星の90%以上を見つけたと断定した。

予期していなかった発見もあった。
WISEは、太陽のまわりの地球と同じ軌道のパスを共有する、最初の既知の「トロイ(Trojan)」の小惑星を見つけた。

今日リリースされた画像のうちの1つは、爆発した星を取り巻く赤外光の「エコー」について、驚くべき見地を示した。

超新星爆発からの光のフラッシュが周囲の雲を熱した時、エコーはガスとほこりの雲の中でエッチングされた。

WISE調査からの結果についての少なくとも100本の論文が、既に公表された。

より多くの発見が今予定され、天文学者は宇宙船に見られるような空全体にアクセスしている。

天文学で博士号を取るための最短ルートかもしれない。

パサデナのカリフォルニア工科大学で赤外線とプロセシィング・アナリシス・センター(Processing Analysis Center at the California Institute of Technology in Pasadena)でWISEデータ処理およびアーカイブに保管する努力をリードするロック・クトリ(Roc Cutri)は、「全空カタログおよび地図のリリースで、WISEは、宇宙に関する多くの著しい発見に結びついた、大きな天空観測のパンテオンを連結します。」と言っている。

NASA's Jet Propulsion Laboratory (JPL) in Pasadena, Calif., manages and operates WISE for NASA's Science Mission Directorate in Washington. The mission was competitively selected under NASA's Explorers Program, which is managed by NASA's Goddard Space Flight Center in Greenbelt, Md. The science instrument was built by the Space Dynamics Laboratory in Logan, Utah, and the spacecraft was built by Ball Aerospace and Technologies Corp., in Boulder, Colo. Science operations, data processing and archiving take place at the Infrared Processing and Analysis Center at the California Institute of Technology in Pasadena. Caltech manages JPL for NASA.

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告