2012年03月14日

コンパクトな太陽系(Planetary System)

NASAは、アーティストが描いた「コンパクトな太陽系(Planetary System)」の概念を紹介し、それは「木星(Jupiter)」 とその月にむしろ似ていたと報告した。

NASAのケプラー・ミッション(Kepler mission)と地上望遠鏡からのデータを使用する天文学者は、「KOI-961」と呼ばれるシステムが現在私たちの太陽以外に星の周囲を回ると知られていた3つの最も小さな太陽系外惑星であることを最近確認した。

太陽系外惑星とは、私たちの太陽系外に存在する惑星の総称である。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

約130光年遠方に位置するキュクノスの星座にあるその星は、太陽のサイズの6分の1、あるいはジュピター70%の大きさである赤色矮星で、さらに、星は私たちの太陽より涼しく、黄色より多くの赤信号を発している。

「KOI-961.03」と呼ばれる3つの惑星の中で最も小さな惑星は、実際に星から最も遠く捜し出され、前景中で描写された。

この惑星は地球の半径0.57倍で、およそ火星のサイズである。

上部の右への次の惑星は「KOI-961.01」で、地球の半径の0.78倍である。
星に近い惑星は「KOI-961.02」で、地球の半径0.73倍である。

最も近い惑星に半日未満で回り、すべての3つの惑星は、2日未満で星のまわりを素早く回転して動く。

地球上の1年間で180歳〜365歳と、1年がそんなに早いのでは、もの凄く高齢にすぐなってしまう。

それらの星への隣接、さらにそれらが華氏350度〜836度(摂氏176度〜447度)に及ぶ温度で、焦がしているほど熱い。

居住可能な星、すなわち液体水が存在する地域がある惑星のはるか遠くに位置している。

これらの発見に寄与した地上観測は、カリフォルニア州サンディエゴ近くのパロマ天文台(Palomar Observatory, near San Diego, Calif.)とハワイのマウナケアの上のW.M.Keck観測所の(W.M. Keck Observatory atop Mauna Kea in Hawaii)で作られた。

Image Credit: NASA/JPL-Caltech

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト