on-the-time.jp

2012年03月14日

大百科事典「ブリタニカ」、印刷版の発行を終了!

BBC Newsは、244年間堅固に続いてきた大百科事典「ブリタニカ」(Encyclopaedia Britannica)は、その有名な32巻の印刷版を発行することを止めることを決定したと報告した。

1768年に全3巻のDictionary of Arts and Sciencesとして、エジンバラ(Edinburgh)でWilliam Smellieによって発行された。
1777年に全10巻
1788年に全18巻
1801年に全20巻
1815年に改訂版
1820年に改訂版
1830年に全21巻
1852年に改訂版
1875年に全24巻
1902年に全35巻
1910年に全29巻
1921年に全32巻
1926年に改訂版
1929年に全24巻になっている。
1968年には200周年を行った。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

それは、ウィキペディア(Wikipedia)のようなWebサイトからの増加する競争の中で、デジタル拡張に今注目することになった。

実は、ウィキペディアのボランティアも減ってきている。

これまで戸別訪問で百科事典を売ってきたが、今ほとんど85%を、オンライン・セールからのその収入で生成する。

最近タブレットのためのデジタル版百科事典の発行を始めた。

ブリタニカのジョージ・カウズ社長(Jorge Cauz president)が、
「印刷された百科事典の販売は数年間無視してきました。」
「私たちは、こうなるであろうと知っていました。」と言った。

地球を横切った会社は、現金にしようと企てて、急成長の市場でオンラインを中へ押し上げようとしている。

ますます多くの読者がタブレットPCとスマートフォンのようなハイテク機器で情報にアクセスするとともに、様々な新聞、雑誌および本の出版社などはそれらの製品のオンライン・バージョンを考え出している。

ブリタニカは、オンライン版に注目するその決定は消費者パターンの変化によって影響を受けたが、短い通知で内容を更新する能力がさらに重要な役割を果たしたと言った。

「印刷された百科事典は印刷する分、それは旧式です。」とジョージ・カウズ社長は言った。

「私たちのオンライン版は常に更新されますが、同時に、百科事典の頻繁なユーザーは、彼らが印刷もの以上のオンライン・バージョンを使用することを好んだ。」と言った。

ブルックリン公立図書館のリチャード・レイエス=ガビラン(Richard Reyes-Gavilan of Brooklyn Public Library)はBBCに、「私たちは毎月、電子メールによって、電話を通って、雑談を通じて、何千もの質問に答えなければなりません。また、可能な限り、私たちはそれを人間的にしなければなりません。」と言っている。

「オンライン・リソースのキーワード検索を行う多くの実例の中で、ブリタニカのインデックスを見て、次に、適切なボリュームを見つけることを上へ立って、そのとき単に非常により速い。」

ブリタニカ大百科事典の会社は、教育ソフトに近年ほとんどのそのエネルギーの焦点を置いた。
その百科事典仕事から大部分は立ち去っていた。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告