2012-03-08

電子ブックの価格設定で、米国の出版社に警告!

電子ブック

BBC Newsは、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)からのレポートとして、DoJ(US Department of Justice米国司法省)が、米国の出版社5社が電子ブックの価格を設定する方法で、価格を上げることをたくらんだとして、法的問題に直面し、窮地に立たされていると報告した。

[AD] You can advertise on this site.

5社の出版社は、Simon and Schuster社、Hachette社、Penguin米国支社、Macmillan社、HarperCollins社である。

電子ブックが、物理的な本の販売を管理するものと、異なる定式によって売られていたので、問題が噴出した。

最も物理的な本については、出版者はしばしばカバープライスの半分に関して、卸値を設定し、次に、彼らがタイトルのためにどれくらいで、実際に代金を請求したいか小売り業者に決定させている。

この価格設定方式は、日本とはまったく異なる。

このモデルは、電子ブックにも最初に採用されたが、それ以来機関モデルとして知られているもののために変更された。

このスキームの下で出版者は、本の価格を設定する。
また、それを売る代理人は30パーセントのカットを得る。

機関価格への変更も、電子ブックの中の市場を買い占めるアマゾンの試みをさえぎる保護対策と見なされていた。

そのKindle ebook readerに顧客を転向させることは積極的にどん底値にした。

EC(European Commission/欧州委員会)は、さらに電子ブック価格上で、同じ5社の出版者およびアップルを調査している。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.