on-the-time.jp

2012年03月08日

電子ブックの価格設定で、米国の出版社に警告!

電子ブック

BBC Newsは、WSJ(Wall Street Journal/ウォール・ストリート・ジャーナル)からのレポートとして、DoJ(US Department of Justice米国司法省)が、米国の出版社5社が電子ブックの価格を設定する方法で、価格を上げることをたくらんだとして、法的問題に直面し、窮地に立たされていると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

5社の出版社は、Simon and Schuster社、Hachette社、Penguin米国支社、Macmillan社、HarperCollins社である。

電子ブックが、物理的な本の販売を管理するものと、異なる定式によって売られていたので、問題が噴出した。

最も物理的な本については、出版者はしばしばカバープライスの半分に関して、卸値を設定し、次に、彼らがタイトルのためにどれくらいで、実際に代金を請求したいか小売り業者に決定させている。

この価格設定方式は、日本とはまったく異なる。

このモデルは、電子ブックにも最初に採用されたが、それ以来機関モデルとして知られているもののために変更された。

このスキームの下で出版者は、本の価格を設定する。
また、それを売る代理人は30パーセントのカットを得る。

機関価格への変更も、電子ブックの中の市場を買い占めるアマゾンの試みをさえぎる保護対策と見なされていた。

そのKindle ebook readerに顧客を転向させることは積極的にどん底値にした。

EC(European Commission/欧州委員会)は、さらに電子ブック価格上で、同じ5社の出版者およびアップルを調査している。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する外部のサイト