on-the-time.jp

2012年03月08日

どうする?沈んでいく最後の楽園「キリバス!」

BBC Newsは、海抜の低い太平洋の島国キリバス(Kiribati)は、上昇する海面によって脅かされた将来を安全にすることを支援するためにフィジー(Fiji)の土地を購入することを考慮していると報告した。

キリバスの大統領アノト・トン(Kiribati's President Anote Tong)は、フィジーの2番目に大きな島のバヌ・アレブ(Vanua Levu)の土地を買うために会談中である。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

そして、一部のキリバス農民を定住させて、土地は収穫のために求められ、海防衛力のために地球を引き抜く、と、調査レポートに書いている。

なんだって?

赤道にまたがるキリバスの32のサンゴ環礁のうちのいくつかは、既に海洋の下に消えている。
環礁のどれも海面の数m以上の上にそびえ立っていない。

2,000km以上(1,300マイル)離れているフィジーは、キリバスの人が今後移動することができるかもしれないことを望む多くの国々のうちの1つである。

アノト・トン大統領は、気候変化がキリバスのための毎日の戦いであると言った。
しかし、それは彼の祖国が結局、いつか失うものであることを認めた。

彼は、キリバス人を移動させることが、100,000人を超える島人を救う「最後の手段」であると言った。

BBCのシドニーから報告してるフィル・マーサー(Phil Mercer)は、しかし、全人口の再配置は、画期的な挑戦と言っている。

キリバスの職員は、オーストラリアとニュージーランドを含む広大な地域の他の国々で解決することを多くの人々も認められることを望んでいる。

以前に、アノト・トン大統領は、人々が生き続けるために油田掘削装置に似ている人造の島を構築することを示唆した。

すべて鋼鉄でできた島!?

海抜の低い太平洋の島国キリバス(Kiribati)のGoogle Earthポインター情報
3°22'13.50"S,168°44'2.54"W

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

gaYa広告