2012-02-24

上海市、95件の重大プロジェクトに総額1,166億元を投資。

新華社は2012年02月27日に、上海市政府の重大プロジェクトに関する作業会議(上海市政府召开重大工程建设工作会议)が2012年02月24日に開催され、上海市ではディズニーランドの建設や万博跡地の地下工事など95件の重大建設・研究プロジェクトに総額1166億元が投入されることが分かったと報告した。

上海市は今年、郊外地区と新たな市街地、重点発展地域を中心に開発を進めることを計画している。
新規着工件数は27件、完工件数は11件、予備プロジェクトは55件とする。

新規着工案件は、中航商用航空機のエンジン産業基地、中船ディーゼルエンジン産業園、ICパッケージング・テスト工場、騰訊クラウドコンピューティングプラットホーム、上海万博AB地域の地下工事などが上がっている。

またすでに始動している案件では、自動車や造船、商用航空機などの重点プロジェクト、国家肝がん科学センターなどの研究プログラム、上海国際海運サービスセンター、ディズニーランド第1期などの工事が今年も継続することになっている。

この他、民生、文化、教育関連の社会事業に関するプロジェクトも多い。
低所得者層向けを含む保障性住宅の建設や病院建設、軌道交通建設などが進展する予定にしている。

都市部と農村部の一体化推進では、今年、上海横沙漁港の中核機能区の建設や、長興島の整備・埋立て、崇明東灘のインフラ整備を進める。