2012-02-24

アップルは偶発的に、テレビ産業全体の概念を崩壊するかもしれない。

ジョン・マテラーロ(John Martellaro)は、MacObserverで「Apple Could Accidentally Disrupt the Entire TV Industry」を公開し、会社は別になにもしていないが、ときどき計画が成功してしまうことがある、また、その後、全く予期しないものがそれに沿って来て、明白な努力なしで成功する。

アップルはセレンディピティの全体を混乱に変える転換点の尖端に立ってしまった?かもしれないと言っている。

狂想曲の中への趣味?

さらに、私たちは、アップルの砂場を深く丹念に調べて、アップルの成長を密着させるように数学的法則がどのように用意を整えることができたかを見ることにしたと言っている。

つまり、アップルはとんでもないところを掘り当ててしまったかもしれないし、そのアップルを崩壊される側のスタッフが協力してきたかもしれないと言いだしている。

趣味の終了?
これはアップルにとって非常によいニュースでありえる。

調査会社チャドウィック・マーティン・ベイリー(Chadwick Martin Bailey)からの研究調査によって、その結果は、「利用可能な同様の内容を備えたテレビにアクセスした時さえ、それらがタブレットを使用したとタブレット上のテレビで言うことに最近気をつけた人々の63%を見つけた。」と報告している。

さらに、CNETのスティーブ・グッテンバーグ(Steve Guttenberg)は2011年の終わりに、その考えをさらに詳しく述べた。
「私は、ちょうど大きなスピーカーの販売が完全には去っていないように、大画面ディスプレイの販売が0まで行くだろうと主張していません。大きなテレビの市場が、大きなオーディオ向けであるように、常に同じようにそこにあるでしょう。しかし、大画面販売は時間にわたって縮み続けるでしょう。ほとんどの人々は、iPadsの上の映画およびスポーツを見ることに完全に満足しているでしょう。結局、起きていている場合、あなたの視野の大部分をiPadに接近している。ヘッドホーンの相当なセット中のプラグおよび音は素晴らしくなった。大きな考えのようにあなたの居間のあまりにも多くの不動産をむさぼっている、大きなディスプレイを捨てるように見え始めるでしょう。」

広大な土地で生活しているアメリカ人が、不動産をむさぼっている、大きなディスプレイを捨てるのであれば、ウサギ小屋で生活している日本人は、さらに大きな画面とテレビを不要と感じることだろう。
それは丁度、部屋で新聞を広げて読む空間がなくなり、パソコンでニュースを読み始めたのと同じかもしれない。

何が起こっていますか。

ジョン・マテラーロは、いくつかの要因があるかもしれないと考えている。

最初に、ホームHDTVシステムが複雑になり、他の人にとって、すべてのための悪夢、おかしなビデオマニアのための天国になってしまった。

それに比べ、iPadは、非常にはるかにより接近可能であった。
また、それは制御可能で予測可能であった。
例えば、Netflixあるいは、TNTのappにただ触れるだけでできた。
また、お気に入りのショーも簡単に見られ、さらに、それは親密になった。

スティーブ・グッテンバーグが指摘するように、膝の上のiPadは荒く合理的な見る距離からのHDTVと同じ視角の境界を定めることができた。

そうすると丸まって、ヘッドホーン中のプラグ、また即時のタッチ・コントロールで、全く遠隔でない。

そうすることで、あの厄介なテレビの遠隔コントローラーから解放された。

ジョン・マテラーロの奥さんは、いつもそうしていると言っている。

つまり、遠隔コントローラーを使ってテレビを操作するより、遠隔コントローラーにテレビが来てしまった。

疑問は、
それが、今ここで起こってるか?
アップルは現金化し続けることができるか?
そのほかに単なるより多くのiPad販売か?
これはアップルが開発することができるテレビ産業での障害発生時点か?ということになる。

ティム・クック(Tim Cook)が言ったように、よいものが出来事ると分かるまで、それらはアップル・テレビ(またiPad)を続ける。

セレンディピティは特にこのような状況で打つと知られている。

万が一、いつか、じりじり動くiPad上のテレビを見て、アップルが厳しくHDTV産業全体をむしばんだら、どうなるか。
万が一、社会的隔離への動きが家族で見る概念に終止符を打ったらどうなるか。
それは、実際に既に、狭い生活空間の大学共同寝室およびアパート・ファミリーで起こっている。

今や、米国もウサギ小屋が増えている。

より奇妙なことが技術の中で起こった。

私は、これがアップルのホールで、単に1つの考えの醸造であることを感知した。
また、もしアップルは行くだろうと私たちが思えば、それは、私たちがすべて見当違いをしていたことを意味するといえる。

それは不変のコンテンツ取り引きのない、つま先で蹴るつま先のサムソンと、シャープ、LG、Vizio、パナソニックおよびソニーのHDTVであった。

USAトゥデー(USA Today)は2012年02月24日金曜の夜に、私たちのテレビ習慣を変えているすべての新しい技術とソーシャル・ネットワーキングに関するこの調査を公表した。
テレビを変更している最新のデバイス、思考の材料が、ここに登場した。

ニューヨークタイムズ(New York Times)の企業の歴史を見ると、時代が大きく変わってきたことが明らかになる。

先日、インターネットの世界で非常に注目されている映画『スライヴ(Thrive)』とうのでビデオを見たときに、なぜ?マイクロソフトやアップルが登場しないのか不思議であった。