gaYa広告

2012年02月23日

デュアルコアのスマートフォン、2011年に6000万ユニット出荷!

Cellular-Newsは、ベルク・インサイト・ショーからの予備データ(Preliminary data from Berg Insight show)によれば、デュアルコアのアプリケーション・プロセッサを登載した高額のスマートフォンの販売が世界的で、2011年に6000万ユニットに達したと報告した。

高額のデバイスがクアッドコア・プロセッサへ徐々に移動するとともに、デュアルコア・プロセッサの採用は中程度のスマートフォン・セグメント中で加速する。

スマートフォン全体の販売は、2011年に世界中で4億7000万のユニットへと59%成長した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

400ユーロ以上の高額製品から、100ユーロあたりの低価格製品まで、2011年にスマートフォン・カテゴリーのほとんどが成長に寄与した。

高額デバイスの販売は、2010年の約7500万ユニットから、2011年に概算で1億5000万ユニットまで2倍になった。

低価格のスマートフォンの販売は、2010年のおよそ1000万ユニットから2011年に7000万ユニットまで増加した。

平年度用売上数量の点では、19.8%の市場占有率を備えたアップルより進んで、サムソンが20.2%の市場占有率を獲得し、主要なスマートフォン・ベンダーになった。

ノキアは、2011年にユニット出荷の下落を経験し、16.4%の市場占有率で3番目場所に傾斜していた唯一の主なベンダーであった。

その出荷はわずかに増加したが、RIMはさらに2011年に市場占有率を失い続けたが、HTCの先にどうにかとどまった。

収入の点でアップルは、2011年に38%の値市場占有率を持った明瞭なリーダーのままであった。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。