gaYa広告

2012年02月23日

デュアルコアのスマートフォン、2011年に6000万ユニット出荷!

Cellular-Newsは、ベルク・インサイト・ショーからの予備データ(Preliminary data from Berg Insight show)によれば、デュアルコアのアプリケーション・プロセッサを登載した高額のスマートフォンの販売が世界的で、2011年に6000万ユニットに達したと報告した。

高額のデバイスがクアッドコア・プロセッサへ徐々に移動するとともに、デュアルコア・プロセッサの採用は中程度のスマートフォン・セグメント中で加速する。

スマートフォン全体の販売は、2011年に世界中で4億7000万のユニットへと59%成長した。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

400ユーロ以上の高額製品から、100ユーロあたりの低価格製品まで、2011年にスマートフォン・カテゴリーのほとんどが成長に寄与した。

高額デバイスの販売は、2010年の約7500万ユニットから、2011年に概算で1億5000万ユニットまで2倍になった。

低価格のスマートフォンの販売は、2010年のおよそ1000万ユニットから2011年に7000万ユニットまで増加した。

平年度用売上数量の点では、19.8%の市場占有率を備えたアップルより進んで、サムソンが20.2%の市場占有率を獲得し、主要なスマートフォン・ベンダーになった。

ノキアは、2011年にユニット出荷の下落を経験し、16.4%の市場占有率で3番目場所に傾斜していた唯一の主なベンダーであった。

その出荷はわずかに増加したが、RIMはさらに2011年に市場占有率を失い続けたが、HTCの先にどうにかとどまった。

収入の点でアップルは、2011年に38%の値市場占有率を持った明瞭なリーダーのままであった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。