gaYa広告

2012年02月23日

LG電子がクアッドコア・スマートフォンを公開!

毎年のことだが、スペインのバルセロナで開催されるGSMAモバイル世界議会(GSMA Mobile World Congress)が近づくと、ユーザーを驚かすようなモバイル器機が増えるが、今回も前例に漏れないようにCellular-Newsは、韓国のLG電子が世界で初のクアッドコア・プロセッサ・スマートフォン「LG Optimus 4X HD」を発表した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

新しいスマートフォンは、4.7インチのHD IPSディスプレイ(1280×720ピクセル)とエヌビディア(Nvidia)の最新1.5GHzのTegra 3プロセッサーを組み合わせてきた。

LGモバイル・コミュニケーションの社長兼CEOであるジョング-ソク・パーク博士(Dr. Jong-seok Park)は、
「LGはちょうど1年前に世界初のデュアルコアのスマートフォンを導入しました。また、今日、私たちは次のマイルストーンを発表しています。」と言った。

その瞬間、Cellular-Newsが2012年02月21日に報告した、中国のZTE(中興通訊)は、新しいアンドロイドの携帯電話「ミモザX(Mimosa X)」は、NVIDIA Tegra 2モバイル・プロセッサとNVIDIA Icera 450 HSPA+モデムを登載して、登場させる準備がすでにできていると報告したことが、陳腐化した。

「しかし、速度はそれ自体でLG Optimus 4X HDをユニークにするものではありません。モバイルの波形率中のHDマルチメディア体験を持ったカスタマーに私たちがもたらしているのは利益です。」と言っている。

エヌビディアTegra 3プロセッサーは、世界でハイ・レベルのマルチメディアの性能のために設計された4-PLUS-1のクアッドコア・モバイルのプロセッサーで、活発なスタンバイおよび音楽再生のようなより少ない要求するタスクを扱うために第5のバッテリーセーバー芯を利用している。

全速力で走る場合、Tegra 3の中の12の芯GPU(グラフィック処理ユニット)はコンソール質ゲーム・プレー可能を伝えると言われている。

Optimus 4X HDは16GBの内部メモリ憶を含んで、アンドロイド4.0アイスクリームサンド(Android 4.0 Ice Cream Sandwich)の最新バージョンを採用している。

スマートフォンは、さらにLEDフラッシュおよびマルチメディア特徴を備えた8メガピクセルBSI(バックサイド・イルミネーション)センサー・カメラを登載している。

スペックは素晴らしいが、それが使えるだけのバッテリーを登載しているのか、例えばフルスペックで何分利用可能なのかが知りた。

スマートフォンやタブレットで大きな問題は、フルスペックでは数分しか作動しないことがある。
それを、大阪の食い倒れ、京都の着倒れ、尾張の家系図倒れ、お江戸の飲み倒れ、に続いて、スマートフォンやタブレットのスペック倒れ!と言いたくなる。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する日付

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告