2012-02-24

熱帯魚と一緒にコカインの密輸!

BBC Newsは、コロンビアからノッティンガムまで飛んできた熱帯魚業者2人が、闇値で£160のコカインを密輸しようとしていたことが判明し、投獄されたと報告した。

33歳のオラフ・ウルリク(Olaf Urlik)と32歳のノーバート・ジャルザベック(Norbert Jarzabek)は、両者ともポーランド国籍で、2012年01月05日に初期尋問で麻薬密輸を認めていた。

コカインは、魚を保持する、より大きなバッグ内のビニール袋中の流体に溶かされていた。
それらの何千匹の熱帯魚が死んでいた。

オラフ・ウルリクとノーバート・ジャルザベックは、ノッティンガム刑事裁判所で11年間投獄された。

昨年の4月に、オラフ・ウルリクとノーバート・ジャルザベックは、コカインなしで16,000匹の魚がすべて死布を試験したとSOCA(Serious Organised Crime Agency/重大な組織犯罪機関)は言っている。

オラフ・ウルリクとノーバート・ジャルザベックによって計画された17kgのコカインと550匹の熱帯魚の25のダブルの箱を含んだ別の荷物は、2011年07月09日にヒースロー空港に到着した。

SOCAとイギリス国境機関は、そのうちの10の魚箱が水に溶かされたコカインのバッグであると分かった。

魚はすくい上げられる前に2日間空港に置かれた。

一旦箱が集められたなら、それらはノーバート・ジャルザベックが1か月前に借りた、ノッティンガムのグレーデ・アベニュー(Glade Avenue, Nottingham)に持っていかれた。

SOCAのオフィサーの調査は、証拠を備え、その人たちを逮捕した。

魚は少なくとも96時間の間酸素を制限されていた。
多数が死んでいるように感じられたか、死にかけていた。

何と、コカインが溶かされた水の中で、それでも26匹だけが残存し、処理のためにロンドン動物園に持っていかれた。

それらの魚は今、動物園の水族館にいる。
水族館のチーム・リーダーであるレイチェル・ジョーンズ(Rachel Jones)は、その場合が「実際に全く異常だった」と言った。

「私たちは、没収する権限と仕事をします。しかし、それらは通常珊瑚のような海の創造物にあります。」
彼女は、最初に到着し、数週間の集中治療にあった時、魚が「非常に衰弱していた。」と言った。

「それらは実際に皮状でした。また、それらは多くの日数が恐ろしい水質にありました。」
「多くのTLCがそれらを物を食べるように促進することに関係していました。」
「今、それらは全く丸く太っていて、実際に生き生きています」と彼女が言った。

熱帯魚の中には、96時間もコカインが溶かされた水の中で生息したものがいたということか?

凄い生命力!

人間ではとうてい不可能だろう。

急性麻薬中毒にならない熱帯魚???