2012-02-24

病んでいる米国を象徴したドキュメンタリー映画「いじめ」R指定!?

BBC Newsは、映画界の権力者ハーヴェイ・ウェインステイン(Movie mogul Harvey Weinstein)は、ドキュメンタリー「ブリー(Bully/いじめ)」に与えられた観客制限表示「R格付け」にMPAA(Motion Picture Association of America/アメリカ映画協会)をボイコットすると脅した。

R格付けは、親の同伴なしでは、米国の学校で17歳未満の子どもが映画を見ることができないだろうということを意味している。

ハーヴェイ・ウェインステインはステートメントで、格付け判断を「a bridge too far」呼んだ。

リー・ハーシュによって監督された映画「ブリー」は、2012年03月30日に米国で公開される予定になっている。

ハーヴェイ・ウェインステイン、および映画「ブリー」の中で注目の学生のうちの1人アレックス・リビー(Alex Libby)は、「PG-13(それはある資料が13歳未満の子どもに適さないかもしれないと親に警告する)」を求めて、R格付けに対してアピールした。

しかしながら、それらは、1票で決定を撤回する訴えを失った。

ハーヴェイ・ウェインステインは、「私はこれらの訴えの多くによって賛同されました。しかし、この1つの投票ロスは個人的に私に対する巨大な打撃です」と言った。

「アレックス・リビーは熱情のこもった嘆願を与えて、それが本当に変更するただ一つの方法であるので子供がこの映画を親とではなく独力で見ることができる必要を雄弁に防御しました。」と言っている。

ウェインステイン、その製作会社は日曜のオスカーのお気に入りの後ろにある、アーティスト、ドキュメンタリーが「重大な問題」を扱うと付け加えた。

彼は、もうろくしたレディおよびケンブリッジの公爵夫人を含んでいること「根絶で私と立場をとるために、若さをいじめて得ることで、制限のないこの映画を見る。」世界的、著名人を尋ねるつもりだったと言った
彼は、ウェインステイン会社が「MPAAからの休暇を当分の間考慮している」と言った。

しかし、ウェインステイン会社がMPAAの公式メンバーでないとともに、ボイコットを形成するものがとるであろうことは不明瞭であった。

「ブリー」は昨年、ニューヨークでトライベカ映画祭(Tribeca Film Festival in New York)で初演し、テキサス、ミシシッピ、ジョージア、アイオワおよびオクラホマで学生と家族について大きな話題になった。

さらに、それは、2人のいじめられたティーンエイジャーであったタイラー・ロング(Tyler Long)とティ・スマリー(Ty Smalley)の自殺に触れていた。

ステートメントで、MPAA上訴委員会議長ジョウン・グレーヴス(MPAA appeal board chairman Joan Graves)は、格付けが映画の主題に関するコメントではないが「ある言葉」のために課された、と言った。

「いじめは重大な問題で、親が子どもたちと議論するべき主題です。」と彼女が言いました。
「MPAAは、ブリーがそのような重要な議論のメディアとして仕えることができるウェインステイン会社に合います。」
「しかし、言語を含む映画中の内容に関して通知され、国の至る所での親からの強いフィードバックを認めて表わすためにMPAAにはさらに責任があります。」と言った。