2012-02-24

ハッブル望遠鏡は、エータ・カリナの画像を捕らえた。

NASAは、NASAのハッブル望遠鏡(Hubble Telescope)は、掃天観測用高性能カメラのハッブル高解像度チャンネル(High Resolution Channel of Hubble's Advanced Camera for Surveys/Tseen She/天社/海山二/りゅうこつ座η星)からの紫外線画像と可視光線画像を合成することで、エータ・カリナ(Eta Carinae/η Carinae/η Car)の画像を捕らえたと報告した。

その視界は、横切っておよそ30 arcsecondsになる。

エータ・カリナは、エドモンド·ハレー(Edmond Halley)によって、1677年に最初にカタログへ登録され、1730年に、かなり明るくなり、最も明るい星の一つになった。しかし、その後、1782年に再び暗くなり、それはかつての無名に戻ったように見えた。1820年にエータ・カリナは、再び明るさで成長することが観察された。
1827年には、それ以上に倍明るくなり、1843年4月に、最大の明るさに達した。
1843年後、エータ・カリナは、色あせた1900年から1940年の間には、肉眼では見えない8等級の星になった。

Right Ascension:10 : 45.1 (h : m)
Declination:-59 : 41 (deg : m)
Distance:10.0 (kly)
Visual Brightness:6.21 (mag)[-0.8 .. 7.9, var]
Apparent Dimension:?? (arc min)

2つの星のより大きなエータ・カリナ・システムは、その生命の終了に近づいている、巨大で不安定な星である。
また、19世紀天文学者が観察したという出来事は星の臨死体験であった。

それらは超新星に似ているように見えるが、それらの星が破壊するちょうど手前で止まるので、科学者はこれらを「超新星詐欺爆発の出来事(outbursts supernova impostor events)」と呼んでいる。

19世紀天文学者は1843年の爆発を詳細に見ることができるほど強力な望遠鏡がなかった。しかし、その結果は現在研究することができる。

巨大模型星雲として知られている1世紀半前に捨てられた問題の巨大な雲は、1990年にハッブルが発射して以来の規則的な目標であった。

掃天観測用高性能カメラ高解像度チャネル(Advanced Camera for Surveys High Resolution Channel)で得られたこの画像は、大きな唖鈴形を形成するか、また星からのマテリアルが一定のやり方でどのように捨てられなかったかが、まだ詳述され、示している。

エータ・カリナは、比較的目先(天文学の時間スケールでは、「目先」は今までどおり100万年先になりえますが)の超新星中で爆発する地球に最も近い星のうちの1つである。

それが行う場合、地球から印象的な視界は、その最後の爆発よりまだ、はるかに明るく見ることができる。
銀河からだが、、2億光年以上遠方に、今まで観察された最も明るい超新星「SN 2006gy」は同じタイプの星からであった。

Image Credit: ESA/NASA