2012-02-24

車輪を無くした恐怖のロシアの旅客機、無事着陸!

BBC Newsは、ベルリンのBerlin Schoenefeldから飛び立ったロシアの旅客機RA-61701 performing flight FV-242が離陸時に車輪をなくし、ロシアのメディアによれば、無事サンクトペテルブルグ(St. Petersburg)に着陸したと報告した。

飛行機はロシアの航空会社Rossiyaの旅客機An-148(Ан-148)で、44人が搭乗していた。

燃料を使い果たすまで飛んだ後に、安全に降りた。

治安当局筋は、ゴムの車輪が離陸の後にベルリンの走路に残っていたと、通信社Ria-Novostiに伝えた。

まるでマンガのような失態である。

37人の乗客および7人の乗組員の誰も着陸の間にけがをしなかった、とRossiyaの新聞報道課はインタファックスに伝えた。

その事件は、ロシアの調査が今進行中である。

ウクライナとロシアの共同開発で、旅客機An-148が開発され、2009年にRossiyaに納品された飛行機で、旧ソ連で開発され、飛んでいる他の多くのジェットより新しい。

、ミャンマー空軍の輸送機として納入されることになっていたウクライナの新型リージョナルジェット旅客機「An-148」が試験飛行中ロシア西部のベルゴロド州でに2011年3月8日に墜落し、6人の乗員全員が死亡した事故を起こしてる。