2012-02-24

スウェーデンで、新しい王女「Estelle」が生まれた。

BBC Newsは、スウェーデンで第2王座継承権がある新しい王女が2012年02月23日木曜日に生まれ、エステラ・シルヴィア・エワ・メアリー(Estelle Silvia Ewa Mary)と命名されたと報告した。

カールXVIグスターフ王(King Carl XVI Gustaf)は、特別の閣議として、テレビの生放送で発表した。

エステラ王女の公式タイトルは、ストックホルムの真南に地域するOestergoetlandの公爵夫人(Duchess of Oestergoetland)になる。

エステラ王女の母親は、34歳のビクトリア皇太子妃(Crown Princess Victoria)で、元個人トレーナーであった38歳のダニエル(Daniel)と2010年6月に結婚した。

レポートによれば、フランスの名前「Estelle」を選んだと言うことで、多くのスウェーデン人が驚いたと述べた。

スウェーデンの新聞「Local」は、「提示された名前がお気に入りと評価していませんでした。」と伝えた。

シルヴィアはビクトリアの母親の名前で、ダニエルの母親は「エワ」と命名されている。

エステラとメアリーという名前については、なぜという説明はなかったと言っている。

エステラの誕生は、首都ストックホルムの王宮の向かいにあるSkeppsholmen島で、2回の21の銃挨拶によって挨拶された。

ダニエル王子は、娘が長さ51cm(20in)で体重3.28kg(7ポンド)だった、と言った。

それは、ビクトリアの妹マドレーン(Madeleine)が1982年に、王と女王の最初の孫に生まれて以来、最初の王家の誕生になった。

王は1973年に就任して以来継続している。

ビクトリアが生まれた3年後、スウェーデンはジェンダーにかかわらず、最年長の相続人が王座を継承することを可能にするために1980年に構成を変更した。