2012-02-24

日本のアパートで2カ月以内に3件の「孤独死」

BBC Newsは、日本のアパートで2カ月以内に3件の「孤独死」が発見され、政治的な大問題が表面化している。

埼玉県で2012年02月21日火曜日に同じ家族からであると考えられる3人が、死体で発見された。
家への電気とガスは止めらた、家にはわずかの1円のコインだけで、食物はなかった。

世界で3番めに豊かな国であるにもかかわらず、日本は近年多くの類例を見ている。

これは、完全に政策の失敗であり、政治家不在、官僚無能とも言える。

日本ではこのような死を「kudokushi」と呼んでいる。

BBCのローランド・バーク(Roland Buerk)は東京から、警察が埼玉でアパートに侵入した時、3人の身体は非常に痩せこけていたと分かったと言った。

60歳代と30歳代の夫婦と考えられ、死因は餓死だったと言っている。

警報は建物の不動産会社によって出された。

朝日新聞新聞は、家族が支援を隣人に求めたが拒絶され、その代り、福祉当局と連絡をとるように助言された、と言った。

家族はそうしなかった。
いくつかの地元マスコミが言っているように、その行動は恥という感情のまま死を選んだと考えられている。

朝日新聞は、弁護士の言葉として、「何人かの人々は、福祉に行くことに対する抵抗を持っており、権威と相談したくありません。他のものはそれらのコミュニティーで分離されています。」

ますます多くの極貧の高齢者は、日本で孤にで気付かれないまま死を遂げている。

先月、40代の2人の姉妹が結氷したアパートて死んでいるのが雪に閉じ込められた北方の島(北海道)で見つかった。

それでいて、企業にはドル買いという巨額の間接支援をし、個人を捨てている。

こんな福祉で、厚生労働省は何をしているのか?
こんな歪んだ社会の日本を、世界中が笑いものにしている。

このまま行くと、社会保障問題の政治的失敗で日本全体を撃沈すると、地震直前にBBCは報告している。

「kudokushi」1件で、能力がないということから、その地域と厚生労働省の職員から100人を解雇すべきだろ言う。

サントリーのCM「すこし愛して なが〜く愛して」の名セリフで知られる女優の大原麗子(Ohara Reiko/1946 - 2009)が東京都世田谷区の自宅で、誰にも愛されないまま孤独に亡くなっていたことが判った。

日本は、馬鹿げた社会を作った!

厚生労働省の官僚は、殺された。