2012-02-24

フォルクスワーゲンの年間収益が倍増で、158億ユーロ。

BBC Newsは、ドイツの自動車メーカーであるフォルクスワーゲン(Volkswagen)が昨年記録的な数の車を販売し、その利益が倍以上になったと報告した。

それは2010年の72億ユーロと比較して、2011年は158億ユーロの純益を報告した。

それは2010の上のほび15%アップで、820万台を超える自動車を配送した。

フォルクスワーゲンは、研究開発と同様に次の5年で、新しいプラントおよびモデルに620億ユーロを費やすことを計画している。

さらに、次の6年に、さらに50,000人のスタッフを雇う。
2018年までに、販売および利益の点から最大の自動車製造業者になることを計画している。

その目標に達するのを支援するために、それは小型車および大型車のための基礎として役立つ、新しいプラットフォームを開発した。

Auto Analyst, Barclays Capitalのマイケル・ティンダル(Michael Tyndall)は、
「フォルクスワーゲンは、この数週間に特別、2013年に20%以内の原価の削減を伝えるべき、新しいプラットフォームを越えて、未来開発に関連したコストを投資者に思い出させることに鋭かった。」
「しかし、他の自動車製造業者のように、ヨーロッパの景気減速は引き続きフォルクスワーゲンの邪魔になる。」
「フォルクスワーゲンは、以前にそれはヨーロッパの市場が引き続き困難であることを示唆するヨーロッパでの価格競争のために食料を供給する必要を強調しました。」と言った。

会社は、さらにそれが株主にその配当性向を上げるだろうと発表した。

これで言えるのは、どれかが落ちれば、どれかが上がり、絶対量はほとんど変化しないと言うことである。
むしろ、全体は減っていることだろう。