on-the-time.jp

2012年02月18日

モロッコは、スペインの有力紙「El Pais」の2月16日版を禁止!

AFPは、スペインの有力紙「El Pais」によって公表された漫画がキング・マホメットVI(King Mohammed VI)を曇らせたので、モロッコ政府は「El Pais」の2012年02月16日版を禁止した、と職員が言っていると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

モロッコ政府コミュニケーション省高官(senior communication ministry official)は2012年02月18日にAFPへ、君主を保護する報道コード「The decision to ban (the paper) was made on the basis of article 29 of the press code」に抵触したと話している。

さらに、「カリカチュアは、王を個人的に傷つける(王の)イメージを汚す、慎重な意図を含みます。」と付け加えた。

モロッコのWebサイトから拾い上げられた漫画は、モロッコのことをよく知っているジャーナリストとして知られるイグネーシオ・センブレロ(Ignacio Cembrero)によって記事に仕立てられた。

AFPから連絡を受けたイグネーシオ・センブレロは、モロッコの反応で小さな漫画が「親しみがあり、やや好ましかった。」ので、彼が驚いたと言った。

穏健なPJD(Islamist Justice and Development Party/イスラム教徒公正発展党)が1月にモロッコで政権を握って初めて、外国の出版が建前で禁止されたように見えた、と彼が付け加えた。

これまでのところ、モロッコは、イスラム教の伝統の下で禁止されている預言者モハメッド、あるいは神のイメージを掲載した週刊誌「Le Nouvel Observateur」を禁止した。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。