2012年02月23日

米国と北朝鮮は核会談を実施。

BBC Newsは、米国と北朝鮮政府関係者は12月の北朝鮮のリーダー金正日(Kim Jong-il/キム・ジョンイル)の死去後初めて、平壌の核プログラムに関する会談のために北京であったと報告した。

北朝鮮の米国の調整者グリン・デイビス(Glyn Davies)は、会談が「真剣で本質的である」と言い、それが「数々の全ての問題をカバーした」と言った。

より多くの会談が2012年02月24日にも行われる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

長期目標は、2009年に暗礁に乗り上げた軍縮に関する6カ国会議を再開することである。]

平壌のベテラン核折衝者Kim Kye-gwanが、グリン・デイビスとの会談を伴った。

米国は、新しいリーダーで、金正日の息子金正恩(キム・ジョング-ウンKim Jong-un)が、北朝鮮の核兵器を放棄することについて喜んで議論するかどうか、それが調べたいと言った。

会合の前にグリン・デイビスは、金正恩が国をどのように国を指導しようかと言う計画と方向性について、もっと知識を得るのを望んだと言った。

北京に着くとともに、彼は「私の希望は、それが次の過程で、6カ国会議の実施に皆の興味にあるので、私たちが北朝鮮を進める方法を見つけることができるということである。」と水曜日に言った。

北朝鮮は、援助および政治的な譲歩の代わりにその核野心を放棄することに2つの朝鮮、米国、中国、ロシアおよび日本に関係する6カ国の対話プロセスの一部として2005年に賛成した。

しかし、取り引きの上の進行は停止開始であった。
また、合意は2009年に暗礁に乗り上げた。

6カ国会議に背を向ける直後、北朝鮮は2006年および2009年に核実験を行なった。

その時以来、半島上の緊張は特に2つの朝鮮間で、高いままである。

頓挫した6カ国会議の再開を目指した米国および北朝鮮の間の接触は、2011年7月に始まった。

北京の今回の会議は、交渉のテーブルに北朝鮮をもたらす方法の調査を目指した会談で第3回目になる。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。