on-the-time.jp

2012年02月18日

女優ダメ・ジュディ・デンチは、視力問題を明らかにした。

BBC Newsは、オスカー獲得の女優ダメ・ジュディ・デンチ(Dame Judi Dench)は、イギリスの新聞「ミラー(Daily Mirror)」で彼女がAMD(age-related macular degeneration/加齢黄斑変性症)を患っており、文字を読んだり、顔を認識するのに苦労していたことを明らかにしたと報告した。

しかし、77歳の彼女は、治療しており、それが彼女の視力の下落を遅くするかもしれないことを望んでいる。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

AMDは60万人を超えるイギリス人が影響を受けている。
また、昨年の研究はそれが75万人まで上昇するかもしれないことを示唆して公表された。

女優ダメ・ジュディ・デンチは、ジェームズ・ボンド映画シリーズの23番目の映画「Skyfall」で、Mの役を再び演じる予定になっていると新聞「ミラー」伝えている。

「私は、目の病気のために台本をもはや以前のように読むことができません。」
「したがって、誰かが来て、私に話を伝えるように、私にそれらを読んで聞かせます。」と言っている。

瞳に影響するAMDは、イギリスで盲目・弱視で登録した人々の半分以上の原因になっている。

彼女は、「私は母が患っていた黄斑変性(macular degeneration)を年とると患うでしょう。」と言っている。

女優ダメ・ジュディ・デンチは、最新のインドの映画「The Best Exotic Marigold Hotel」で、年金受領者のグループのうちの1人として主演し、今月の初めにロンドンで初演した。

彼女は、レストランでのランチなど、条件の最悪の部分では、人に会うことができないと言った。

しかし、彼女は、引退する計画を持っていないで、
「それに慣れます。私はレンズおよび眼鏡および事態を持っています。また、非常に明るい光は助けになります。」と付け加えた。

彼女はサム・ロックウェル(Sam Rockwell)およびカップルとしてのオリヴィア・ワイルド(Olivia Wilde)が主演する映画「Better Living Through Chemistry」で、ナレーターに選ばれた。

女優ダメ・ジュディ・デンチは、「Shakespeare in Love」でエリザベス1世を演じ、1998年に、助演女優賞のオスカーを受賞した。

私ももうすぐ、目が見えなくなることだろう。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。