2012-02-15

オランダ極右議員ワイルダー、Webサイト批評家へ「余計な口を出すな!」

STarTribuneはAP通信からの情報として、オランダの極右議員として有名な政治家へルート・ワイルダー(Geert Wilders)が、何人かの出稼ぎ労働者に対する苦情を求める彼の党のWebサイトに対する批評家に対して、AP通信のインタビューで「Mind your own business.(余計な口を出すな。)」と言ったと報告した。

彼の自由党のサイト(Freedom Party)が報告するべきように今週市民に要求した時、イスラムに対して彼の率直な批判で最もよく知られているへルート・ワイルダーは、一般的な迷惑、汚染および労働市場置換のために、「中央・東ヨーロッパ人。」への抗議の嵐に点火した。

しかし、水曜日にAP通信によるオランダ議会のインタビューにおいて、人民主義政治家は後悔しなかった。

そして、サイトを政治家と外交官から40,000以上のコメントならびに批評の殺到を得て、「非常な成功」と呼んだ。

東方・中央のヨーロッパ諸国の10カ国の大使はサイトについて不平を言って、火曜日に政府に公開状を書いた。

そこでへルート・ワイルダーは、
「大使への私の反応は次のとおりです。余計な口を出すな。」
「これは全くあなたの祖国と関係がありません。」
「私たちは主権国です。私たちは民主主義の政党です。また、私たちは、多くのオランダ人の懸念を言葉に表します。」と言った。

サイトが東ヨーロッパで取引し、貿易を妨げるかもしれないオランダの会社のイメージを汚していると業界団体が警告するとともに、彼のコメントが発表された。

オランダは仕事を見つけるためにオランダへ移動する何千ものポーランド人と共に、ポーランドで最も大きな外人投資家のうちの1つである。

ブリュッセルでは、欧州委員会スポークスウーマンであるピア・アーレンキルデ=ハンゼン(Pia Ahrenkilde-Hansen)は、サイトがヘイトスピーチ法(hate speech laws)に違反していると水曜日に暗示した。

へルート・ワイルダーを知っていれば、彼の発言のほとんどが、ヘイトスピーチ法に違反している。