2012-02-15

アップルは、再々々々度iAdsのための最低参加金を下げた。

ブラッド・クック(Brad Cook)は、MacObserverで、Advertising Ageからの情報として好景気が伝えられるアップルで、モバイルのiAdシステムで、宣伝活動のために最低額をUS$100,000まで著しくカットしたと報告した。

iAdが最初に明らかにされた2010年に、US$10000,000であったが、それは2011年3月に半額のUS$500,000まで削られた。

さらに、2011年7月にはUS$30万に下げた!

Advertising Ageによれば、それは他に2つの変更を含んでいた。

ユーザーが広告を軽く打つごとにより、低い広告料および追加料金の除去を補うために70%から60%から上昇して、開発者のための広告収入をカットした。

アップルは、単に今1,000の広告印象について確定利付きを課す。

アップルがモバイル広告スペースに立っているスライドを見出したように、変更は来た。

Millennial Mediaが17%でナンバー2点を占拠する間、Googleは、以前の10%から上昇して、2011年の24%のシェアを含む、そのエリアの中で確保した。
アップルは15%でナンバー3であった。

アップルのシェアは、2010年に19%になった。

Advertising Ageは、3億を超えるデバイスが向こうにあると述べ、利用可能な50万以上のアプリケーションと共に、iOSを実行する。
しかし、Googleは2億5000万のデバイス点に達しており、アップルは米国でより多くのスマートフォンを活性化している。

MacObserverは、強気のアップル(Apple)は広告で少し弱気を見せた。

ブルームバーグ(Bloomberg)のレポートによると、当初は最低額US$100万で始まったiAdの最低額を2011年2月にUS$50万に落としたが、いくつかの広告代理店で、さらにUS$30万の取引を提供していると報告した。


Cellular-Newsは2010年11月10日に、アップル(Apple)はモバイル広告プラットホームとして、電通グループをローカルのパートナーシップとして契約した後、2011年前半にiAdを日本で拡大すると言ったと報告した。

MacObserverは2010年10月04日に、アディダス(Adidas)がApple社のぞんざいな管理のため、iAdモバイル広告プログラムから手を引いたと報告した。