2012年02月18日

高額の住宅市場の内部。

BBC Newsは、不動産市場は世界の多くの地域で悪化しているかもしれない。
しかし、最高、豊富な人の新しいホームに向ける合計は、多くを費やし続けている。

最新のヘッドラインに登場した取り引きは、US$8800万でロシアの肥料有力者に、ニューヨークの中央公園のパノラマの風景を備えた高級マンションが売られた。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

ドミトリー・リボロブレブ(Dmitry Rybolovlev)は、22歳の彼の大学生娘エカレリーナ・リボロブレブ(Ekaterina Rybolovleva)に宮殿を買ってやった。

セントラルパークウェストの6,744平方フィート(627平方m)のアパートは、ニューヨーク史で最高値の個人財産販売になった。

それは、1平方フィート当たり約US$13,000になた。
それはおそらく新記録でありえる。

公認記録は維持されていないが、香港の超排他的なピーク(10のポラック・パス)の土地はこの前の夏US$1億270万で売ったのは、1平方フィート当たりUS$12,188の値で、以前にそのタイトルを保持したと思われた。

世界の億万長者が投資にやきもきしたか、契約を拾い上げることができるまで、時機をうかがったので、高価値不動産市場は2008年の金融危機の後に静かになった。

しかし、専門の富ウォッチャーは、それがはなはだしく立ち直っており、ほとんど完全に今従来の住宅市場あるいは恐らく現実の上下から分離される、と言った。

「一旦不動産のウルトラ高級終了へ到着すれば、異なる市場で作動しています。」
「それは、必ずしも市場の残りの変数で移動していません」と雑誌「フォーブズ(Forbes)」の財産のエキスパートであるモーガン・ブレナン(Morgan Brennan)が言っている。

広く世界で最も高価な個人の住居は、インドのムンバイ(Mumbai, India)にあると信じられている。

3つのヘリコプター発着場、駐車の6階および一連の人工浮き島を誇る27階のAntillaタワーは、インドで最も裕福な人Mukesh AmbaniのためにUS$10億で建設された。

しかし、それは現在、空き屋である。

報道によれば、Ambaniファミリーは、建物の設計が、古代のヒンズーの建築上の主義「バストゥ・サストラ(vastu shastra)」に不正になるので、夜を過ごすことで、そこに不運を持って来るだろうと懸念している。

スティーブン・スピルバーグ(Steven Spielberg)によって共同設立された映画撮影所Dreamworksが2008年10月06日に、インド最大のエンターテイメント会社の1つと合弁事業に同意したとき、夢のビルとしてスケッチを紹介していたが、AFPは2010年11月28日に、53歳のインドの大富豪ムケシュ・アムバニ (Mukesh Ambani)が、US$10億(840億円)以上をかけてムンバイ(Mumbai)市に建てた27階建ての「自宅」の新築を祝うパーティーが2010年11月26日、開かれたと報告した。

Forbesは、「Gates No Longer World's Richest Man」を2008年03月05日に発表し、ビル・ゲイツは、もう世界一の金持ちではない!世界で一番の金持ちは最愛の投資家ウォレン・バフェット(Warren Buffett)になった。バークシャー・ハサウェイ株の高騰により、1年前よりUS$100億増えて、US$620億に拡大したと報告した。

Forbesが2007年03月08日に公開した例年の長者番付「The World's Billionaires」のトップ20の学歴を調べると、不思議なことが判ってきた。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト