2012-02-15

2012年から、毎年人間はさらに多くがモバイルになる。

BBC Newsは、ネットワーク会社シスコ(Cisco)による世界的なモバイル・データ通信量の最新分析によれば、モバイル・デバイスは、今年の人間に数で圧倒すると報告した。

さらに2016年までに、100億のモバイル接続しているモバイル・デバイスが世界中であるだろうと予測した。

そのデータ通信量は、1日にネットワークを330億のDVDと同量になり、年間のデータ通信量は、130エクサバイトを運ぶことになると言っている。

つまり、1日にを330億のDVD量では、DVDでは対応不可能であり、DVDの時代が完全に終わったと言うことである。

報告書によれば、2011年のモバイルのデータ通信量は、2000年の世界的インターネットのサイズの8倍に到達した。

データ消費の上昇は、要求に対処しようと既に努力する携帯電話会社のために、より多くの問題を引き起こすことになる。

現在、平均的なスマートフォンは、1か月当たりの150Mバイトのデータを使用するが、2016年までにはこれが2.6Gバイトまで上昇すると予想される、と報告書で予測した。

シスコのプロダクトとソリューションの副社長スラジ・シェッティ(Suraj Shetty, vice-president of products and solutions at Cisco)は、「2016年までに、携帯電話利用者が世界中で30億人になり、その60%は、1か月当たりの1Gバイト以上のモバイル・データ通信量をそれぞれ生成して、ギガバイト・クラブに属するでしょう。」と言った。

データ消費を押してさらに高くしている様々な要因がある。

人々は、データにスマートフォンよりさらに飢え、より多くのタブレット・デバイスを使用している、ということがその報告書で分かった。

シスコによれば、タブレット使用は2011年に爆発した。
3400万のデバイスに3倍になって、どれもがそれぞれ3回以上生成して、スマートフォンよりもっと多く売買している。

2016年までに、そタブレットが世界的なモバイル・トラフィックの10%以上を占めるだろうと予言している。

別の要因は、より速いネットワークにある。

4Gのモバイル接続は現在単に約0.2%で利用可能になっているが、それらが、既にモバイル・データ通信量の6%を占めている、とその報告書は述べた。

4G接続でのモバイル・データを使用することは28%を生成し、非4G接続より多くのトラフィックは見つけた。

より高い、米国と西ヨーロッパのiPhone消費で、アンドロイドの消費を今等しく調べ、アップルのiPhoneには他の送受話器より多くの帯域幅を使い果たすことに対する評判が研究であった。

ブロードバンド・ニュース・サイトThinkBroadbandからSeb Lahtinenによる発見は驚きではなかった。

彼は、「私たちのうちのほとんどは列車でスマートフォンを使用します。しかし、私たちはまだよい信号を得ようと努力します。」
「速度と品質向上として、より多くのユーザーが、モバイル上でストリームビデオを見始めるだろう。モバイルのトラフィック成長中で爆発に結びつくであろう。」と言った。

そろそろ、液晶でのモニタリングを終了する必要がありそうである。
液晶でのモニタリングは、画面が大きくなれば、なるほど、それだけデータ消費量が拡大する。

つまり、液晶モニタの時代も、もうすぐDVDと同様に終わる。