2012-02-15

色を耳で聞くことができるか?色覚障害者が色を知った!

BBC Newは、アーティストのニール・ハービソン(Neil Harbisson)は完全に色覚障害である。
彼は、彼の頭に付けられたカメラで、彼が色を聞くのをどのようにして可能にしたか説明したと報告した。

この話を聞いたとき、最初に感じたのが、盲目の人に色を聞いたり、象をどのように説明するかと言うことであった。

もの凄く面白い!
かれは、あきらめなかった!
そして、色に挑戦した!

アーティストのニール・ハービソンは、
「私は、11歳であるまで、ただ灰色の陰で見るに違いないことを知りませんでした。」
「私は、色を見ることができるが、私がそれらを混同していた、と思いました。」
「私が全色盲[まれな視覚障害]と診察された時、それは少し衝撃でした。」
「しかし、少なくとも、私たちは、何が間違っているか知っていました。」
「医者は、直ることができないと言いました。」
「私は、16歳だった時、芸術を勉強することに決めました。」
「私は、ただ見るに違いない指導教員に伝えました。」
黒い、白い、また、彼の最初の反応はそれだけであった。
「一体全体、そのときここで何を行っているのですか。」
「私は、色は何だったか本当に理解したかったと彼に伝えました。」
「私は、グレー・スケール中の芸術コース全体を行うことを認められました。」
黒を単に使用し白い。
「私は非常に比喩的な芸術を行いました、人々が匹敵するかもしれないように、私が見ることができるものを再生しようとすること、私の視覚は、どのように彼らが見たものにでしたか。」
「さらに、私は、歴史を通じて、鳴るために色を関連づけた多くの人々がいたことを知りました。
「大学で、私は、プリマス大学の学生アダム・モンタンドン(Adam Montandon, a student from Plymouth University)によるサイバネティックス講義に行き、私が色を見ることができたように、私たちが何かを作成することができるかどうか尋ねました。」
「彼は単純な装置を考え出し、ウェッブカメラ、コンピューターおよび1組のヘッドホーンから構成し、私の前にどんな色も音に翻訳するソフトウェアを作成しました。」
「もし赤の頻度を聞くなら、例えば、私たちは中間に鋭いFおよびFであるノートを聞くでしょう。」
「赤は最低周波数色です。」
「また、最も高いものはスミレ色です。」
「私はそれを1日に24時間使用し、バックパックの中でそれを持ち運ぶこと人工頭脳研究の装置、eyeborgおよび私の有機体が完全に接続されたという感じを始めました。」
「私はそれが壊れる場合、設備を変更する以外は、2004年以来頭からそれをとっていません。」
「それは、私の頭から現われて、私の顔の正面まで行くアンテナのように見えます。」
「私の頭の後ろに、光波を音に転換するチップがあります。」
「また、私は耳を通ってではなく骨によって色を聞きます。」
「最初に、私は、音の一定の入力のためにいくつかの強い頭痛がしました。」
「しかし、5週後に、脳はそれに適合しました。」
「また、私は、色をつけるべき音楽および実際の音を関連づけ始めました。」
「さらに、私はカラーで夢見始めました。」
「それは、私が芸術を知覚する方法を変更しました。」
「今、私は、色と音が正確に同じものである、完全に新しい世界を作りました。」
「私は正常な肖像をすることが好きです。」
「私は誰かの顔に近くなります。」
「私は、髪の音、皮膚の音、目および唇を降ろします。」
「次に、私は、顔に関係のある特定の弦を作成します。」
「私は、私が2005年に勉強していたところで、この人はダーティントン芸術大学(Dartington College of Art)へ来たチャールズ王子(Prince Charles)から始まった有名な顔の正常な肖像ギャラリーを始めようとしています。」
「彼は私に尋ねました、「これはあなたが着用しているものですか。」したがって、私は、彼の顔を聞くことができるかどうか彼に尋ねました。」
「また、彼はまさに高調波を鳴らしました。」
「調和は主観的ですが、何人かの人々は非常に美しいかもしれません。」
「しかし、それらはあまり高調波を鳴らさないかもしれません。」
「それらの頭から突き出て、人々が電子のものを持った誰かに会う場合、彼らは自動的に笑います。」
「あるいは、彼らは、あなたが何を行っているかあなたに尋ねます。」
「時々、私は奇妙なものをしていると思うので、それらは場所へ私を中へ入れません。」
「昨年、私は、私がそれらを薄膜で覆っていると考えたデモンストレーションの3人の警官によって攻撃されました。」
「私は、色を聞いていると彼らに伝えました。」
「しかし、彼らは、私はそれらを嘲笑しており私の頭からカメラを引こうとした、と思いました。」
「この自動絞り機構の発展の終わりはありません。」
「そのときは、私は360の色を見ることができます。」
「また、人間目が見ることができない色を聞くことができるように、私は赤外線までこれを延長しました。」
「私は、紫外線を見ることに現在取り組んでいます。」
「それが私たちの皮膚を破損する場合があるので、それは非常に重要です。」
「しかし、私の好きな色はナスです。」

「それは黒に見ます。」
「しかし、それは実際にスミレ色か、紫です。」
「また、それは非常に調子が高く思えます。」と言っている。
彼は、色を克服した。

そう言えば、色覚障害で描く絵画はもの凄いと聞いたことがある!