2012-02-15

世界中に犯罪チーフは、不法な虎貿易に厳しく対応することに合意!

BBC Newsは、乱暴な虎の個体数を持った国々の犯罪チーフは、大きな猫科の中の不正取引と格闘するためにともに働くことに合意したと報告した。

13カ国の警察および管理の長は、コントロールを強化し、バンコクで2日間の会議で国境を越えた協力を改善することに合意した。

6つの亜種だけが各グループの中で、1,000頭未満の虎とともに残っていた。

虎部分の密輸は、地球が大きな猫のままであることで直面する主な脅威のうちの1つであると、専門家が言った。

インターポールによって組織され、ICCWC(International Consortium on Combating Wildlife Crime/野生生物犯罪と格闘する国際コンソーシアム)によって主催されたタイの首都のセミナーは、ワシントン条約を含むパートナー組織の26人の犯罪高官および代表が参加した。

ICCWC事務局長のジョン・スカンロン(John Scanlon, Cites secretary general)は、
「虎犯罪と戦う私たちの努力]は差し押えにただ帰着するに違いありませんわけではあらない。」
「それらは密貿易のフローを止めるために遂行、確信および強い罰に帰着しなければなりません。」と言った。

インターポールの警察勤務役員ジーン=ミヘル・ロウボウチン(Jean-Michel Louboutin, Interpol's executive director of police services)は、
「ちょうど虎のために施行システムを得れば、私たちはそれらの生態系と一緒に無数の他の種を保存するのを支援するでしょう。」
「この重要なセミナーは、環境上の犯罪が面する上級の法執行官および増強された国際的な協力の必要に挑戦する。」「犯罪者は私たちの共有される国家遺産の乱用から繁栄することができません。」と強調した。

代表は、さらにインターポール主導のプロジェクト捕食動物を正式に支持するために会合を利用した。

2011年11月に始められたイニシアチブには3つのメイン目的は、
* 政治的に改善する協力的で、ハイ・レベルの国際的な努力の組織は虎部分中の不正取引の問題に取り組む。
* 政府部局からの明確な支援へ作用する政治家の意志の改革。
* 執行官に必要な技術を仕込む。

プロジェクト捕食動物は、インターポールと協力して働く、さらに「虎保存のための現代の知能にリードされた施行慣習」を提供するために国立虎犯罪タスクフォースを設立するように国々を激励している。

国際警察は、ユキヒョウとアジアライオンのようなアジアの大きな猫類のすべて、これらの動物が同様の脅威に直面したとともに、拡大し、プロジェクトが虎の保護に制限されていないと言った。

バンコクの会合は2010年11月の注目の首脳会議が、2022年までに虎のグローバルな個体数を2倍にすることを誓約したので、保護と保全対策を改善するために最新の開発になる。

ロシアサンクトペテルブルグ(St Petersburg, Russia)の集いでは、13からの上級の政治的な要人は国家を並べ、虎生息地、アドレス密猟、不正取引を保護し、計画に財源を供給することを誓約した。

1世紀以上、虎の数は今日、荒野で約100,000から約4,000頭の虎まで落ちた。