2012-02-15

モルモン教は、ナチ・ハンターのサイモン・ヴィーゼンタールの親を洗礼。

BBC Newsは、モルモン教会(Mormon Church)は、ナチ・ハンターであるサイモン・ヴィーゼンタール(Simon Wiesenthal.)の親に死後に洗礼(Mormons baptise)を施したことに対して謝罪したと報告した。

洗礼は、1月にアリゾナ州の中の代理式およびユタ州レコード・ショーで、ユダヤ人アセル・ローザ・ラープ・ヴィーゼンタール(Jews Asher and Rosa Rapp Wiesenthal )に施された。

モルモン教会スポークスマンであるマイケル・パーディ(Michael Purdy)は、「誠実に後悔」「個人会員」の行動と教会のリーダーに言った。

ロサンジェルスのサイモン・ヴィーゼンタール・センター(Simon Wiesenthal Center)は、このニュースを非難した。

中心にあるスポークスマンであるラビ・アブラハム・クーパー(Rabbi Abraham Cooper, a spokesman at the centre)が、「私たちはそのような無感覚なアクションがモルモンの寺院で継続して憤慨します」と言った。

モルモンの宗教は死の後に洗礼を許可し、その後、御霊が洗礼の儀式を受理するか拒絶することができると信じている。

1995年の協定は、死んだ何十万もの人々の名前がモルモン・レコードに入力されたことが発見された後、代理ホロコースト犠牲によって洗礼を施す習慣を禁止することになっていた。

サイモン・ヴィーゼンタールの親はずっと前の死者で、彼の父親が第一次世界大戦の中で死に、彼の母親がホロコーストの中で死んでいる。

マイケル・パーディは、教会の行為が「私たちのプロトコルの重大な違反」を考慮したとAP通信社に伝えた。
マイケル・パーディによれば、ヴィーゼンタール家の名前は、1人によって系図のデータベースに単に入力された。

「私たちは、私たちの系図学レコードにアクセスするこの人の能力を無期限に保留しました」と彼が言った。
しかし、その個人の名前、あるいは儀式を行なった個人は公表されなかった。

洗礼がヴィーゼンタールの親に施されたという証拠はヘレン・ラドキー(Helen Radkey)が、研究者および前のモルモンの調査で見つかった、とAP通信が報告しました。

彼女は定期的に教会のデータベースをチェックし、またさらに最近モルモン・リスト上でノーベル賞受賞者およびホロコースト生存者エリー・ウィーゼル(Elie Wiesel)、および数人の家族の名前を見つけた。

カトリック教会はそのメンバーの死後の洗礼にさらに反対した。

洗礼が悪用されることがあるとは、びっくりである。

死後の洗礼は、危険だな〜〜〜