2012-02-15

ネパールの毛沢東主義の戦士だった人は、幻滅を感じた。

BBC Newsは、ネパールで武装した反乱を終了した5年後、彼らは復員させ始めた7,000人を超える元毛沢東主義の戦士が、それらが民間の生活に返ることを支援するために金銭を受け取ったと報告した。

しかし、BBCのカトマンズからのサンジャヤ・ダーカル(Sanjaya Dhakal)は、調和した推移であると思われたものは、結局怨恨に陥りったと報告した。

元毛沢東主義の戦士の7つのキャンプ中のムードは最近薄暗くストレスが多かった。

希望退職パッケージの下の現金を受け取った元ゲリラの多くは、出来事の回転に腹を立てていた。

東部チュラチュリ(Chulachuli)キャンプの小隊副指揮官アルジュン・ビスワカルマ(Arjun Biswakarma)は、「あたかも来るのにより多くのことの見込みを持った空腹の虎を懐柔しようとしているかのように、それらは薄給を渡しています。」と言っている。

毛沢東主義の軍隊で何年も勤務して、アルジュン・ビスワカルマは、今500,000のルピー(US$6,330)の退職条項を得ている。

2つの分割払いの中で、元格闘者の年長に基づいた800,000のルピー(US$10,148)から500,000のルピー間で、政府は現金小切手を提供している。

残りの半分が今年後半提供されているかもしれない一方、1回分は最近分配された。

支払いをとる代わりに軍隊に加わることに決めた、約9,000人の前の戦士がさらにいる。
また、彼らは、まだ統合が始まるのを待っている。

支払いをどんな形で受け取るものも、小さな支援とキャンプの外側の生活の複雑な余波を取り決めるために無視され、残されたと感じている。

シャーム・ビール・リンブ(Shyam Bir Limbu)は、ネパールの内戦の間に軍隊と戦う間に怪我をした。
彼は、700,000のルピー(US$8,878/用の小切手を受け取る。

彼は、昔の敵、および彼が党との状態によってさらされた貧弱な怪我の処理によって負わされた傷に苦しんでいる。

「私たちは全く不満です。」
「しかし、それは平和およびネパールの構成のための犠牲だったと思うので、私たちは静かにしています」と彼がBBCに伝えた。

もう一人の障害がある戦死ボーラ・アリヤル(Bhola Aryal)はさらに苦しかった。
「私たちのうちの数人は一定の治療を必要とします。」
「それらは支援なしでは動き回ることができません。」
「私たちの関係に取り組む人は誰もいないことは非常に悲しい」と彼が言った。

しかし、何人かの前の戦士はより有望であった。

セクション指揮官ロヒミ・ガウタム(Rohini Gautam)は、彼女がまだ毛沢東主義の党首脳陣を信頼すると言った。しかし、彼女さえ、苦情があった。

彼女は「私たちに直ちにそれらは全額を与えるべきでした[金銭の]。」と言っている。

さらに党のための1枚の金銭を要求するそれらの指揮者によって、彼らの小切手が急に持って行かれたと言った戦士からの報告があった。

まだ、一波乱ありそうな様相である。
とくに、日本が第2次世界大戦に負けた後、多くの負傷戦死が街中で金銭を要求していたが、ネパールでも起こりそうである。
観光で言ったときは、彼らを毛嫌いしないようにして欲しい。