2012-02-15

インドのラジャスタン州の村は、虎を保護するために移転した。

BBC Newsは、北インドのラジャスタン州(northern Indian state of Rajasthan)のウムリ(Umri)村が虎を保護するために全村民が再配置され、移転させられたと州職員が言ったと報告した。

ウムリ村には82組の家族350人以上が、サリスカ(Sariska)地区で虎が生息できるように新しい場所へ移動した。

サリスカ地区で虎の数は過去3年間で5頭まで成長したが、その前は0まで減少したことがある。

虎の数は、最近の数10年間にインドで驚くほど減少した。

2011年の国勢調査は、野生の約1,700頭の虎を数えた。
1世紀前にそこには、100,000頭の虎でいたと推測されている。

ウムリ村は、虎が数を増加させるために適切な生息地を安全にするのを支援するために再配置されるサリスカ地区で第2の村になった。

村民は先週移動した。

人間より、虎が優先される。

野生生物監視員AC Chaubeyは、村民は、100万ルピー(US$20,000)の価値がある土地、現金および家畜で償われ蓄えの外側の最も近い耕作可能なプロットへ再配置される。

しかし、できる限り出会いたくない相手である。

北インドのラジャスタン州(northern Indian state of Rajasthan)のウムリ(Umri)村のGoogle Earthポインター情報
24°45'0.00"N,77°17'60.00"E
または、
24.750000, 77.300000