2012-02-15

Mirrorの元王室記者ジェームズ・ホイッティカーが死去した。

イギリスの大衆新聞ミラー(Mirror)は、ミラー(Mirror)の王室記者ジェームズ・ホイッティカー(James Whitaker)が、癌との戦いの後、71歳で家族に囲まれて、朝死去したと報告した。

ジェームズ・ホイッティカーは「赤いトマト(Red tomato)」とあだ名で呼ばれ、フリート・ストリート伝説(Fleet Street legend)として、有名であった。

彼を知っていたロイヤル・ハウスホールドのメンバーがバッキンガム宮殿で、彼の死のことを知って「非常に悲しかった。」と言った。

ジェームズ・ホイッティカーを有名にした記事は、1968年にMirrorのゴシップ欄でチャールズ・グレヴィル(Charles Greville)のために簡潔にコメントであった。

40年以上の経歴があった伝説のジャーナリストは、国王の特ダネとブームの声で煽った。

さらに、彼らがかさばったスキーをする用品で彼に会った後、彼は、王子のうちの1人によって有名な「赤いトマト」とあだ名をつけられた。

Daily Mirrorの編集長リチャード・ウォーレス(Richard Wallace)は、
「ジェームズは、王のリポーターとして世界中で有名になった真実のフリート・ストリート伝説でした。」
「彼の同僚は、時々、彼が王族の彼ら自身より王族に見えるとしばしばからかいました。彼はもちろん、どれを愛していました。」
「病気の重症度にもかかわらず、彼は自己憐憫のために苦情を言わなかったし、彼が生活をしていると主張しました、よく生きていました。」
「私たちの考えは、私たちすべてのように、彼を恐ろしく恋しく思う家族が好きなことを持っています。」と言っている。
彼の死に関するニュースが出現したとともに、王のコメンテーターに対する賛辞はTwitterを氾濫させ始めた。

Mirrorのコラムニストで小説家トニー・パーソンズ(Tony Parsons)はTwitterで、
「Goodbye and RIP James Whitaker: Daily Mirror Royalist, Diana watcher, Fleet Street legend and a man of boundless generosity and enthusiasm.」と書いた。

さらに、「The death of Daily Mirror colleague James Whitaker reminds me what a great press we have in the UK.」と追記した。

Mirrorグループのデジタルのパブリシャのマット・ケリー(Matt Kelly, Publisher of Mirror Group Digital)は、
「So sad. James Whitaker, the last of the great royal reporters, is dead. Thoughts to his family today.」と書いている。

The Sunの王室カメラマンであるアーサー・エドワーズ(Arthur Edwards)は、
「He was a great man and a brilliant reporter.」と書いている。

元労働党スポークスマンであるアリステア・キャンベル(Former Labour spin doctor Alistair Campbell)は、
「Very sad to hear of James Whitaker's death. In a profession of big characters, he was one of the biggest. Politics unsound but a good guy.」

ITV This Morningのシャロン・マーシャル(Sharon Marshall)は、
「Saddened to hear of James Whitaker's death. A colourful ball of energy who taught me the rules of polo and champagne.」と書いている。

昔は、このようなコメントを求めて、電話をして来て、間違って答えて大騒ぎになってこともあったが、Twitterが登場して、書きたい人がどんどん発表するようになった。
検索すると、もの凄い数になる。

馬鹿な記者が、馬鹿な記事を書かなくて、この方が、健全だろう。