2012-02-15

中国は広州の接着剤中毒死で6人を逮捕!

BBC Newsは、中国南部の警察は致命的な接着剤に関する一連毒毒物事件で6人を逮捕した、と地方公務員が言っていると報告した。

広州(Guangzhou)接着剤は、様々な靴および革バッグ工場からの多数の労働者が病気になり、4人が死亡し、昨年にしようが禁止された。

犠牲者はさらに記憶喪失と不節制に苦しんだ、と報告書が述べている。

当局はその問題のために仕事場で下等接着剤および貧弱な換気を非難した。

昨年の終わり、地方の労働安全当局は、ジクロロエタン(dichloroethane)によって中毒になった37人の労働者の報告を始めた。それは共通の成分で、癌を引き起こす場合がある接着剤が見つかった。

労働者は、それらのうちのほとんど、広州市政かた無免許であった広州白雲(Baiyun)と茘湾(Liwan)の中心地区の様々な工場およびワークショップから来た。

警察は、標準以下の接着剤あるいは不法に格納する危険な化学化合物を供給するために、これまでに6人を拘留した。

当局は、900を超える無免許のワークショップに閉じるように命じて、2人の工場主を拘留し、それ以来2つの地区の中で検査を行なった。

会社が契約と利益を追うとともに、規則が広く軽蔑されて、中国は悪評高いほどに貧弱な仕事場安全記録を持っていた。

広州政府は、都市がその事件の後に職業の安全促進を増強したと言い、公に権威への標準以下のワークショップにフラグを立てるように懇願した。

以前から靴やカバンなどの接着剤の恐怖は報告されていた。