2012-02-15

極東捕虜の子供はシンガポールで秋に、70周年記念を迎える。

BBC Newsは、シンガポールが第二次世界大戦中に日本人に負けた時、何千人ものイギリス兵が、PoW(Prisoner Of War/捕虜)になり、囚人として連れて行かれた。

70年前に日本の軍隊によって捕らえられた時、L/Cplウィリアム・スミス(L/Cpl William Smith)はシンガポールで、ロイヤル・ノーフォーク(Royal Norfolk Regiment in Singapore)の多数と共に軍務に就いていた。

彼は、ほとんどの他のイギリスの囚人と共に、速くつかまれたジフテリア侵され、東シンガポールのチャンギ刑務所(Changi Prison)へ集められた。

弱められた物理的状態により、作業中に多くが死んだことかた、「死鉄道(Death Railway)」とあだ名をつけられたタイの/ビルマ鉄道の作業には送られないようにした。

これは、映画「戦場にかける橋(Revisting the Bridge on the River Kwai)」で知られるクワイ河に橋を架けるということで知られている全長400kmにもおよぶ泰面鉄道の建設工事であった。

しかし、他の多くの捕虜のように、彼はノーフォークのグレートヤーマス(Great Yarmouth, Norfolk)の家へ帰らず、28歳で、1943年12月にビルマのキャンプで栄養失調、赤痢、マラリアおよび心臓病で死去した。

「私は、私の祖母と私の母親が学校を訪れることを鮮明に覚えていることができます。」
「それらはすべて叫んでいました。」
「また、私は、何が起こっているか知りませんでした。」

「私は、座りにお母さんの膝に行ってくださいと彼女が言ったのを覚えています。」と彼の娘キャロル・クーパー(Carol Cooper)が言った。

囚人の経験に関する他のものを教育する望みによって動機づけられて、彼女は、COFEPOW(Children of the Far East Prisoner Of War/極東捕虜の子ども)チャリティーをセット・アップした。

東シンガポールのチャンギ刑務所(Changi Prison)のGoogle Earthポインター情報
1°21'27.94"N,103°58'28.42"E
または、
1.357761, 103.974561