AD SPACE

2012-02-11

世界プレスフォト賞は、やっぱり「Arab Spring」のショット!

CBS NewsはAP通信からの情報として、スペインの写真家サミュエル・アランダ(Samuel Aranda)がイエメンでデモの後、ベールを掛けた女性の腕の中に負傷した写真が金曜日に2011年世界プレスフォト年賞(2011 World Press Photo of the Year award)を勝ち取ったと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

審査員は、その年の主なニュースの出来事のうちの1つである「Arab Spring(アラブの春)」して知られている中東を横切って、ニューヨークタイムズ(New York Times)のために得られたサミュエル・アランダの写真が暴動の多くの面をカプセルに入れたと言った。

日本の写真家千葉康由(Yasuyoshi Chiba)が捉えた東日本大震災の被災地の人々の写真「ニュースの中の人々(People in the News)」部門(組み写真)の1位に選ばれた。

AP通信社は、デービッド・ゴールドマン(David Goldman)のアフガニスタンのカナダ陸軍基地でドラムを演奏する兵士のショットで、アートとびエンターテインメント・シングルス(Arts and Entertainment Singles)カテゴリーを含む3つの賞を受賞した。

すべてで、24カ国の57人の写真家が5,000人を超える専門の写真家の分野で賞を受賞した。
この人は100,000を超えるエントリーを提出した。

審査員は、さらに特記として未確認のアマチュアによって得られた写真を指名した。

ただし、現場にも行かず、整った部屋で審査員が、このような写真を並べて、善し悪しを評価する個人としては好きになれない!

それに、まず臭いがない!!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.

AD SPACE