AD SPACE

2012-02-12

少年が、盗んだID詐取で有罪を認めた。

モバイル・マネー

Cellular-Newsの、盗んだIDドキュメントを使用して、全米のウォルマート(Wal-Mart)で何千もの携帯電話を買って、T-Mobile USAで詐欺をしていたことを少年の犯罪一群が認めたと報告した。

2人の少年がコストTモービル(cost T-Mobile)とウォルマートで、少なくともUS$100万を使ったと報告された罪を認めた。

[AD] You can advertise on this site.

Cellular-Newsの2012年02月12日に、盗んだIDドキュメントを使用して、全米のウォルマート(Wal-Mart)で何千もの携帯電話を買って、T-Mobile USAで詐欺をしていたことを少年の犯罪一群が認めたと報告した。

2人の少年がコストTモービル(cost T-Mobile)とウォルマートで、少なくともUS$100万を使ったと報告された罪を認めた。

23歳のラルベルト・オラシオ(Ralbert Olacio)と、22歳のエドウィン・ロドリゲス(Edwin Rodriguez)は、それらが犠牲者の名前中の運転免許を得て、次に、メイン州とフロリダ州の間で350の異なるウォルマート店で口座を開いた、と言った。

3番めの共謀者、23歳のアルフレード・ロドリゲス(Alfredo Rodriguez)は先月有罪を認めた。

司法省が2011年08月18日に公開したレポートを見ると、まだJason Cruz、Adiel Lopezの名前もあがっている。

2010年5月〜2011年7月の間で、3人は、400人を超える犠牲者の名前と社会保障番号を含む個人認証情報を得た。

この情報を使用して、T-Mobile USAの信用調査プロセスを終えて、個人情報の窃盗犠牲の名のもとに400を超えるT-Mobile携帯電話口座を開いた。

粉飾決算を確立した後に、被告は、メインからフロリダへアカウントの活性化を終えて、かつ再販売のためにおよそ2,000の割引されたセルの送受話器を購入し、およそ600の場合に置かれた、350以上の異なるウォルマートの店へ旅行した。

ほとんどの場合、それらが確立された直後、詐欺のT-Mobileアカウントは不正行為または個人情報の窃盗のためのT-Mobileによって非活性化された。

しかしながら、スキームはT-Mobileにとって損失におよそUS$100万に帰着した。
また、ウォルマートは、未払いのTモービル携帯電話サービス、割引されたセルの送受話器、および被告の犯罪行為の調査に関連したコストと提携した。

ラルベルト・オラシオとエドウィン・ロドリゲスの判決は、2012年6月4日に予定されている。
アルフレード・ロドリゲスの判決は、現在2012年5月9日に予定されている。

彼らが犯罪を実行しているときは、他人のお金は、自分のお金として、非活性化されてもどんどん新しい口座を開いていったのだろう。

まるで油田でも掘り当てたような気分だったことだろう。

現在、このような事件が起こると言うことは、モバイル・マネーなど、飛んでもないことである。

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.