on-the-time.jp

2012年02月08日

米国空軍は、かさばるマニュアルをiPadに置き換える!?

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、これまでかさばって航空機内で確認することが困難だったフライト・マニュアルおよび航空図を交換するために、U.S. AMC(U.S. Air Mobility Command米国航空モビリティ・コマンド)は、少数のよいタブレットを捜していると報告した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。


空軍-あるいは「空軍のための航空会社」のロジスティクス・アームとして、コメント中で注意された。

AMCは、紙マニュアルに対するその信頼を縮小するその努力の一部として、それは「最小63、最大18,000まで、iPad 2のようなデバイス。」購入していることを発表した。

発表は、最初に9to5MacによるNextGovによってアナウンスがあった。

特にアップルからiPadに2つのモデルを買うために、それは最初に計画を報告した。

AMCのグレン・ロバーツ中佐(Lt. Col. Glen Roberts)は、それ以来「タブレット・デバイス、必ずではなく、iPad。」を見ていると明確にした。

フライト・マニュアルをiPads(あるいは他のタブレット、しかし、iPadsを知っている。)に取り替える問題は、デバイスの低価法への素晴らしい道と見なした商用航空会社によって最初に理解された。

タブレットはより少なく重要であるだけではなく、それらは、印刷の新しいマニュアルよりはるかに容易に非常に安く、いつも最新情報にしておくことができる。

ユナイテッド航空は、例えば、印刷されたマニュアルの代わりにiPadsの使用により、それが1年当たりの326,000ガロンの燃料を保存するだろうと8月に発表した。

デルタは8月にそれ自身のiPadプログラムを発表した。
また、他の航空会社は自分のプログラムに取り組んでいる。

この同じような情報はMajによって12月に言葉によって表された。

AMCのためのオペレーションの管理者リック・マーティン将軍(Gen. Rick Martin)は、「紙に基づいたものから、1つの電子的に基づいた飛行出版システムに移動で、運用有効性を単に増強しないだろう。さらに、それは国防総省時間および金銭を節約することができます。」と言っている。

デバイスに移ることはといえば、軍が直面する1つの問題は、iPad、iOSが全米標準・技術研究所によってまだ証明されていないということであるように、見えている。

NextGovによれば、アップルのモバイル・オペレーティング・システム用機密保護証明は最も初期のもので2012年の8月まで期待されていない。

したがって、いつかその前から、その後まで、18,000までのタブレットを買うAMCの計画はとることができるように、インプリメントされている。

買いたいが、システム用機密保護証明は最も初期のもので2012年の8月まで期待されていないと言う問題が解決されることを期待する。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。