2012年02月08日

ノキア、スマートフォン工場で4,000の人員削減。

Cellular-Newsは、フィンランドのノキア(Nokia)はハンガリー、メキシコおよびフィンランドのスマートフォン工場で約4,000の人員削減を発表したと報告した。

この削減計画は、先の9月発表したスマートフォン製造作業の調査に続いた。

これらの3つの工場は主としてヨーロッパと南北アメリカで顧客のために活躍してきた、スマートフォン製品カスタマイゼーションに注目すると計画されている。

大多数の構成要素のサプライヤーは、アジアに基づくノキアの工場へが移されると予想されている。

最も大きな工場は、新規に作られているベトナム工場になることだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

「計画、生産のステップの数および仕事の量の結果が、コマロム(Komarom)、レノサ(Reynosa)とサロ(Salo)のサイトで実行するとともにがかなり減少すると予想されている。」
「それらはユニークな能力を与え、カスタマイゼーションを提供し、顧客の要求にもっと反応が良い。」ノキアの上級副社長ニコラス・サバンダー(Niklas Savander)は言った。

「アジアへの移心装置会議は市場への私たちの時間の改善で目標とされています。」
「私たちのサプライヤーと一緒に仕事をすることによって、私たちは、市場へ革新をより速く導入することができ結局、より競争率が高くなる、と思います」とニコラス・サバンダーが言った。

人員削減は2012年の終わりまで調整されると計画されている。

ちょうど、ベトナム工場の完成に焦点が合わされている。

Cellular-Newsは2011年03月02日に、フィンランドのノキア(Nokia)は、新しい組み立て工場を2億ユーロ投資して、北ベトナムのハノイ近郊で作ることを発表したと報告した。
工場は、2012年にオープンし、その後、さらに増資されると言っている。

そして、それをそう指揮しているのが、ニコラス・サバンダーであった。

そして、ハンガリー、メキシコおよびフィンランドのスマートフォン工場の仕事がベトナムのハノイ近郊に集約される。

日本の企業はにとって、これは、もの凄い情報である。

ハンガリーのコマロム(Komarom)のGoogle Earthポインター情報
47°44'36.33"N,18° 7'8.78"E
または、
47.743425, 18.119106

メキシコのレノサ(Reynosa)のGoogle Earthポインター情報
26° 4'16.40"N,98°17'50.51"W
または、
26.071222, -98.297364

フィンランドのサロ(Salo)のGoogle Earthポインター情報
60°23'16.57"N,23° 7'29.35"E
または、
60.387936, 23.124819

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する日付

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告