2012年02月11日

2007年のビルマ抗議リーダー僧シン・ガンビラが、拘束後すぐに解放された!

BBC Newsは、2007年の反政府抗議のリーダーのうちの1人ビルマの僧シン・ガンビラ(Burmese monk Shin Gambira)が権威によってしばらくの間拘留された後、すぐに解放されたと報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

シン・ガンビラは2012年02月10日金曜の朝にラングーンの僧院から連行されたと彼の兄弟がBBCに伝えた。

職員は、彼が単に尋問されており、罪は課されなかった、と言った。

シン・ガンビラは先月、恩赦の一部として釈放されましたが、民間人、軍事の背部をつけた政府の批判を彼は継続していた。

米国務省は、彼の最新の拘留に対する懸念を示した。

全ビルマ僧連合(All-Burmese Monks Alliance)のリーダーのうちの1人で、僧主導の「サフラン革命(saffron revolution)」抗議が弾圧された数週間後、31歳であった彼は2007年11月に逮捕された。

3週間未満後に、彼は重労働のうちの12を含めて、68年間投獄の判決が下された。

彼は、EU(European Union/欧州連合)と米国によって課された制裁を撤廃の促進を目指した一連の改革を始めて以来、政治犯の最も重要な釈放だった中の一人で、2012年1月13日に解放された651人のうちの1人であった。

しかし、彼は釈放の後に、伝えられるところによれば、シン・ガンビラは、抗議以来権威によってロックされた僧院を、再度開く活動を始めた。

インタビューで彼は、ビルマで起こる改革に関する深い懐疑を表現した、とBBCのビルマ特派員レイチェル・ハーヴェイ(Rachel Harvey in Burma)が言った。

EUの高官は、最近の改革のシリーズに続く援助で1億5000万ユーロ(US$1億9900万)を提供するために土曜日にビルマを訪れる予定になっている。

欧州連合開発委員のアンドリアス・ピエバリガス(Andris Piebalgs)は、民主派の野党党首アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)、大統領テイン・セイン(Thein Sein)にも会うことになっている。

馬鹿をやると、援助金1億5000万ユーロ(US$1億9900万)が消える!?

しかし、これで厳しい条件が付くことだろう!

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 研究を行ったイギリスのチームによると、眉の可動性が非常に高いことは、言葉を使わない意思疎通能力を人間にもたらしたとされる。 この能力は大規模な社会的ネットワークの構築に不可欠であり、こうした社会を築くことで、人間は協力関係を拡大し、生存確率を高めることができたのだという。 「眉の動きが制限されるボトックス(botox/しわ取り注射)療法を受けた人は、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下するということが示されている。」と説明した。 そういえば。最近多くの女優や歌手がボトックス療法を受け、顔が固まったようになっている。 しわは石鹸などで洗いすぎ、皮下脂肪を流し落としたことで深くなる。 毎日、石鹸で顔を洗う人は、しわが深くなる。 顔を石鹸ではなく、例えば「gaYa-3」で汚れを浮かして洗い落とせば、しわはそれほど増えない。 顔の表現で、感情を強調したり、他者の感情に共感したりする能力が低下すると女優としての能力が低下し、成り立たなくなる。

この記事に関連する外部のサイト