on-the-time.jp

2012-02-11

2007年のビルマ抗議リーダー僧シン・ガンビラが、拘束後すぐに解放された!

BBC Newsは、2007年の反政府抗議のリーダーのうちの1人ビルマの僧シン・ガンビラ(Burmese monk Shin Gambira)が権威によってしばらくの間拘留された後、すぐに解放されたと報告した。

[AD] You can advertise on this site.

シン・ガンビラは2012年02月10日金曜の朝にラングーンの僧院から連行されたと彼の兄弟がBBCに伝えた。

職員は、彼が単に尋問されており、罪は課されなかった、と言った。

シン・ガンビラは先月、恩赦の一部として釈放されましたが、民間人、軍事の背部をつけた政府の批判を彼は継続していた。

米国務省は、彼の最新の拘留に対する懸念を示した。

全ビルマ僧連合(All-Burmese Monks Alliance)のリーダーのうちの1人で、僧主導の「サフラン革命(saffron revolution)」抗議が弾圧された数週間後、31歳であった彼は2007年11月に逮捕された。

3週間未満後に、彼は重労働のうちの12を含めて、68年間投獄の判決が下された。

彼は、EU(European Union/欧州連合)と米国によって課された制裁を撤廃の促進を目指した一連の改革を始めて以来、政治犯の最も重要な釈放だった中の一人で、2012年1月13日に解放された651人のうちの1人であった。

しかし、彼は釈放の後に、伝えられるところによれば、シン・ガンビラは、抗議以来権威によってロックされた僧院を、再度開く活動を始めた。

インタビューで彼は、ビルマで起こる改革に関する深い懐疑を表現した、とBBCのビルマ特派員レイチェル・ハーヴェイ(Rachel Harvey in Burma)が言った。

EUの高官は、最近の改革のシリーズに続く援助で1億5000万ユーロ(US$1億9900万)を提供するために土曜日にビルマを訪れる予定になっている。

欧州連合開発委員のアンドリアス・ピエバリガス(Andris Piebalgs)は、民主派の野党党首アウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)、大統領テイン・セイン(Thein Sein)にも会うことになっている。

馬鹿をやると、援助金1億5000万ユーロ(US$1億9900万)が消える!?

しかし、これで厳しい条件が付くことだろう!

[AD] You can advertise on this site.

[AD] You can advertise on this site.