gaYa広告

6月10日

時の記念日

「日本書紀」で660年に漏刻(水時計)を使って時を知らせたという記述から、日本独自の記念日に決まった。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

1920年6月10日に第1回「時の記念日」が祝われた。
中大兄皇子(後の天智天皇)が初めて漏刻を作って時を告げ、天智天皇10年(671年)4月25日(現:6月10日)に漏刻を新天文台に据え、鐘や鼓で時を知らせたと書かれていることに因んで、天智天皇を祀る大津の近江神宮では、毎年6月10日の「時の記念日」に漏刻祭が行われている。
また、近江神宮には時計博物館がある。

大津の近江神宮のGoogle Earthポインター情報
35° 1'54.83"N,135°51'7.77"E
または、
35.031897, 135.852158

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。