on-the-time.jp

2012年02月08日

日産の利益は、世界的な販売の急増によって押し上げられた。

BBC Newsは、日産は、タイで洪水によって引き起こされた混乱にもかかわらず10月〜12月期の利益で3.6%の上昇を発表したと報告した。

日本で2番目に大きい自動車製造業者は、1年前のUS$10億3000万から上昇して、US$10億7000万の純益をに計上したと報告した。

その所得は販売での19.5%のジャンプで押し上げられた。

それは期間に世界中の120万台の自動車を販売した。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

日産の数は国内と海外で自然災害の結果として、日本人自動車製造業者のためのつらい年の後に来た。

昨年3月の東北沖の地震および津波はサプライ・チェーン混乱により、保留されているか抑制される生産に帰着した。

その年はその後、ちょうど会社が軌道上で戻っていたところで、タイで洪水に襲われ、生産がもう一度傷つけられるのを見た。

さらに悪いことに、自動車製造業者は強くなる円高にさらに取り組まなければならなかった。

それは日本の自動車を外国の買い手のために、より高価にして、昨年4月以来ずっと米ドルに対して7%以上上昇していた。

それらが外国の所得を本国へ送還する場合、円高は、さらに現地会社の利益を傷つけた。

日産は、これらの問題を扱った方法として、後退を速く克服するのを支援したと言った。

最高経営責任者カルロス・ゴーン(Carlos Ghosn)は、
「円高および異常なタイの洪水のような著しい外部の向かい風は、第3四半期に私たちは挑戦しました。」
「日産は、私たちの製品の強さによって押し上げられて、これらの挑戦に決定的に応答しました。」と言っている。

日産IR(investor relations)部執行役員の田川丈二(Joji Tagawa)は、
「日産は好調な販売実績を伝えており、徹底的に収益の多いままです。」と言い、販売および災害からの回復でのジャンプにもかかわらず、「円高は否定のインパクトを持ち続けます。」と警告した。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告