gaYa広告

2012年01月25日

普通の生活の中で、心臓の危険は考えられたより高い

美容と医学の科学

The Raw Storyは、2012年01月25日水曜日に公表された主な米国研究によれば、心臓病から来る生命の危険は以前に考えられたよりはるかに高いかもしれないと報告した。

糖尿病、高血圧、高コレステロール、喫煙のような単一の危険要因は、あるポイントで心臓発作かストロークを持っている人の可能性を著しく押し上げることができた。

しかし、これまでのほとんどの研究は、より長期的なものを非現実的に描いて、ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(New England Journal of Medicine)の研究では、現在までの5〜10年の短期間に、そのような危険がどのように展開するかに注目した、と言った。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

Lifetime Risks of Cardiovascular Disease

Jarett D. Berry, M.D., Alan Dyer, Ph.D., Xuan Cai, M.S., Daniel B. Garside, B.S., Hongyan Ning, M.D., Avis Thomas, M.S., Philip Greenland, M.D., Linda Van Horn, R.D., Ph.D., Russell P. Tracy, Ph.D., and Donald M. Lloyd-Jones, M.D.

N Engl J Med 2012; 366:321-329January 26, 2012

From the University of Texas Southwestern Medical Center, Department of Medicine, Division of Cardiology, Dallas (J.D.B.); the Department of Preventive Medicine (A.D., X.C., D.B.G., H.N., P.G., L.V.H., D.M.L.-J.) and the Bluhm Cardiovascular Institute, Department of Medicine (P.G., D.M.L.-J.), Northwestern University Feinberg School of Medicine, Chicago; the Coordinating Centers for Biometric Research, Division of Biostatistics, School of Public Health, University of Minnesota, Minneapolis (A.T.); and the University of Vermont College of Medicine, Burlington (R.P.T.).

Address reprint requests to Dr. Lloyd-Jones at the Department of Preventive Medicine and Division of Cardiology, Feinberg School of Medicine, Northwestern University, 680 N. Lake Shore Dr., Suite 1400, Chicago, IL 60611, or at dlj@northwestern.edu.

この研究の第一著者で、テキサス大学の南西メディカルセンターで内科助教授のジャレット・ベリ(Jarett Berry, assistant professor of internal medicine at University of Texas Southwestern Medical Center)は、
「私たちが発展する危険要因、若さ、また中年は、私たちの一生を横切って私たちの心臓病の危険を決定するでしょう。」
「心臓病予防への現在のアプローチは、セキュリティの錯覚を与えることができる特に40代と50代の個人で、短期の危険だけに注目しました。」

この研究では、心血管のライフタイム・リスクをプールするプロジェクトとして、254,000人の参加者からデータを引き出した。

それは45歳、55、65および75で黒人男性および白人男性、同時に女性のために危険要因を測定した。

多数の危険要因を持った人々は、危険要因のない人の10倍も心臓病のためのより高い生命危険を持っていた。

1つのキー発見は、健康な人が45歳以上ということであった。
彼らの生活の中で心臓発作の1.4%の危険を持っている。
一方、同じ年齢で、2つ以上の危険要因は、49.5%の危険を持っていた。

女性では、健康な45歳のための基線危険は4.1%であった。
その一方で2つ以上の危険要因を備えたものは、30.7%までその危険上昇を見た。

ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部の予防医学の準教授で、主任調査官ドナルド・ロイド・ジョーンズ(Donald Lloyd-Jones, associate professor of preventive medicine at Northwestern University Feinberg School of Medicine)は、
「単に誰かの生活で、次の10年に注目すれば、私たちは不完全で誤解を招きやすいリスク情報を与えています。」
「誰かを殺すだろう単に1つの危険要因で、本質的に、それらの生活の質か健康を縮小する主な心血管系イベントを開発する可能性は非常に大きい。」と言っている。

ロイド・ジョーンズは、中年によって最適な危険要因を維持することが人の生活の残りで劇的効果を持っていると付け加えた。

「全体が、部分の合計より大きいように見えます。」と彼は言った。

最適な危険要因プロフィールは、たばこを吸わない、糖尿病ではない、1デシリットル当たり180ミリグラム未満の総コレステロールで、血圧が120から80の人を意味した。

この研究は、国立心臓・肺・血液研究所によって資金提供された。

私の父も心臓病で死去したが、それは突然で、どんな準備もできなかった。
それまで父は、どんな治療も受けていなかった。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。